絵文字:マル 日本弥栄の会 会員様へ

4月30日をもちまして日本弥栄の会会員様への割引サービスは終了させていただきました
 
 
 

絵文字:マル ひふみ農園
絵文字:鉛筆 農園の運営方針
完全無農薬!
安全で美味しい農産物を、より多くのご家庭にお届けします。

絵文字:鉛筆 農園事務所
群馬県前橋市富士見町小暮2548-203

絵文字:鉛筆 農園所在地
群馬県前橋市嶺町105(他、6ヶ所)

絵文字:鉛筆 農園責任者
横堀幸一

絵文字:鉛筆 連絡先
TEL 027-288-0271
FAX 027-288-0272
E-mail support@123-akagi.com
 

 
スタッフブログ
12345
2022/05/15new

意外と長寿だった江戸時代の人々

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220412芝桜




 <自然身法より転載>

-----------------------------

 

大江戸健康法

大江戸健康法  Oedo kenkoho

大江戸

 現代日本は科学や医療が発達してきましたが、様々な病気やストレス、老後の不安が社会をおおっています。江戸が養生・健康法が盛んで、長寿の時代であったことは案外知られていません。江戸の人々は日常の起居動作、行住坐臥で心身を鍛えていました。江戸には健康の知恵が詰まっているのです。日々の健康に役立ててみましょう。

    

体術、養生は生きる基本

 江戸人は生活の起居振る舞いを通じ、仕事の技を通じて体を練っていました。また体を練ることを楽しんでいました。庶民から武士に至るまで踊りや謡の一つや二つできて当たり前でした。剣術、柔術などは、武士は言うに及ばず、庶民、百姓、女、子供まで愛好する人が多かったのです。
 また、今以上に養生に関心が高く、様々な健康術も流行していました。数多くの健康法の本も出版されています。本家本元であった中国の養生法は早くから輸入され、元禄の頃のベストセラーであった貝原益軒の「養生訓」には自我按摩、導引、調息などのし方も説かれているのです。江戸初期に出た喜多村利且の「導引体要」には導引術、五禽戯、八段錦などが紹介してあるのです。つまり江戸では、既に気功の源流である五禽戯が行われていた可能性もあるわけです。
 江戸を短命な不健康な世界と思っている方も多いと思いますが、むしろ実際には、長寿者はとても多いのです。家康の師であった天海僧正は108歳、富士信仰の開祖、角行は106歳、浮世絵師、葛飾北斎は90歳、剣聖でヘビースモーカーだった柳生宗矩76歳、伊能忠敬74歳、養生法の大家、貝原益軒も85歳という長寿でした。江戸は享楽的な文化でしたが、自堕落な社会ではなく、体術を基本にした養生社会でした。自然を変えるのではなく、人を自然に合していくという江戸世界では、体が健康でなければ生きていけない世界でした。ですから皆養生に強い関心を持ったのでしょう。

はるかな江戸、失われた世界

 私たちは自然と共に生き、体としぐさを大切にしていた江戸人からだいぶ遠くに来てしまったようです。自然身法研究会では従来より、会員は江戸人を目指そうと唱えてきました。自然身法とは、自然の法則に調和した身体、身のこなしを呼び戻すということですが、江戸はまさに自然と調和した体としぐさを基本とした社会だったようです。ですから、はるか遠くの江戸を今再び感じてみることが必要な気がするのです。
 出口主宰の場合はもともと浮世絵が好きで、学生の頃より見たり模写したりと江戸には関心がありました。その後日本の古武道を始めたり、風水の研究で富士や日光のことを調べるにつけ、しだいに江戸というものが、とてつもなく深くまたエネルギーに満ちた世界であることに気づいたのでした。今、江戸文化が注目されているのは、単なる懐古趣味ではなく、平和なエコロジー文明、合議性の民主的な社会、ボランティアとネットワークの広がり、簡素ながらも粋でおしゃれな文化など、政治、経済、芸術、宗教、食事、養生などのあらゆる面で私たち現代人が学ぶべきものがあるからです。
 江戸を見直すことは、日本人としてのアイデンティティを取り戻すことであり、落ち込んでいる今の日本の再生に多くのヒントを与えてくれると思います。忘れられた江戸を振り返ってみましょう。

自然の営みに身体を合す

 江戸期の人々が寒い冬を、なぜ着物と足袋、草鞋ぐらいで過ごすことができたのかは謎です。日本の家屋は、夏向きに出来ており、広く開放された戸窓は障子で仕切られているだけで、暖房も火鉢程度だったわけです。食生活もほとんど菜食に近く時々食べる魚以外に動物性の蛋白や脂肪は少なく、熱量の高い肉や乳製品はほとんど採っていないわけです。訪れた外国人は日本の冬は寒くてたまらないとこぼしています。
 これまでこのような問題には、江戸時代は貧しかったからと簡単に片付けられてきましたが、見当違いもはなはだしいのです。当時の江戸時代の産業、技術の発達からすれば、様々な防寒衣類や家屋の暖房装置を生み出すことなど十分可能だったと思われます。しかし、暖かい部屋にぬくぬくとしていることは、簡素を旨とする江戸人には粋でなかったのかもしれません。自然環境を人工的に変えるのではなく、体の方を自然に合せるのが江戸人の心意気だったのです。世界でも最高レベルの産業の発達をしながら、高度な車や機械を作らず、人力にほとんどの仕事を頼るのが江戸文明の特徴でした。庶民はどこへ行くのも、自分の足を使い、足を丈夫に保たねば生活できませんでした。正座という、ひざが悪くてはとても出来ない姿勢で食事をし、茶を飲みました。着物の畳み方、ハタキのかけ方、布団の上げ下ろし、剣の扱い方まで幼い頃より体の作法をしつけられたわけです。江戸は「体術」の時代であったのです。江戸人は、体を最大限に活用し、自在に操り、自然のリズムに適合させる方法を選んだのです。一見厳しい文化のようですが、機械設備に頼ることは結局からだの免疫力を弱め、自然治癒力を弱め病弱な体になることをわかっていたのでしょう。自然を変えるのではなく、自分を自然に合わしていくわけです。そのことが日本人を冬にたいした防寒暖房なしでもいられるような心身にさせたのではないでしょうか。

<転載終わり>

------------------------------

 江戸時代の人々は長寿だったと、森教授は言われています。そして自然身法さんのサイトでも江戸の人々が長生きだったと言われています。五穀・野菜を主体にした食事が長寿の秘訣だったわけです。これは以前ご紹介した第二のマクガバン報告でも証明されています。

 私たちは江戸時代は封建的で、短命な時代だと教わって来ましたが、真実はどうも真逆のようです。封建的な江戸時代を終焉させた明治維新こそ素晴らしいと教わってきました。実際は江戸に、日本人が幸せに生きるための大きな秘密が隠されているということになります。

 江戸の人口は当時100万人を超えており、世界一でした。上下水道が完備されていたため、とても衛生的だったと来日した外国人が驚いています。同じころ、フランスでは上下水道がなかったので、糞尿を家から道路に捨てていたそうです。あまりにパリの街が汚いので、ハイヒールが開発されたそうです。また、男性が家に近い側を歩くというのは、窓から捨てられる汚物から女性を守るためだったそうです。ずいぶんパリは汚かったのですね。日本は封建的で、遅れた国だと学校で教わって来ましたが、実際は逆だったわけです。こういうことが本当に多いですね。

 

・自然身法

 


16:45
2022/05/15new

美容に効果のあるヤーコン

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220508キャベツ
3月に定植したキャベツが大きくなってきました。





  220508キャベツ2
少し青虫に食われていますが、元気に成長しています。
今年は気温が高いので、例年より早く収穫できそうです。




  220505ヤーコン2
この野菜は何だか分かりますか。

ヤーコンです。
生で食すと梨のような味がします。
11月から収穫する予定です。


土付きの新鮮なヤーコン


「ヤーコン」はキク科の根菜です。原産は中南米アンデス高地で、地下に育つイモを食用とするほか、栄養価の高い葉の部分もお茶などの加工品として利用されています。

お店で販売されているヤーコンは、白っぽいサツマイモのような見た目です。

サツマイモのように見えますが、デンプン質がほとんど含まれていないのが特徴です。また、シャリシャリとした食感から「畑の梨」と呼ばれることもあります。

そんなヤーコンですが、整腸作用のあるフラクトオリゴ糖が多く含まれていることから、近年健康野菜として注目を集めるようになりました。

加えて食物繊維、ポリフェノール、ベータカロチン、ビタミンCなど栄養素も豊富なため、美容や健康に関心を持っている方からの注目度も高く、話題の食材となっています。




  220505ヤーコン

ヤーコンはデンプンがほとんど含まれないということもあり、100gあたりのカロリーは54kcalほどで、これはイモ類と比較するとは比較的、低い数字になります。11月から収穫します。

 

16:41
2022/05/15new

12年循環しているジャガイモ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220505ジャガイモ2
今日は27℃まで気温が上がり、暑いくらいでした。

3月に植え付けたジャガイモが大きくなってきました。
来週には花が咲き、6月中旬から収穫します。



  220505ジャガイモ
ジャガイモは一株から8個くらい収穫できます。
その内の一個を種芋としてとっておき、翌年に植えると、また8個ほど採れます。
こうして12年間循環しています。
昔の農家は皆やっていました。
日本はそもそもSDGsな国ですね。




  220505ヤーコン2
こちらはヤーコンです。
11月から収穫します。



  220505ヤーコン




  220505すみれ
畑に種が飛んできたのか、可愛いすみれが咲いています (^^♪

今日は少し農作業をやって、早くあがりました。
読書の時間が取れるのは嬉しいですね。


16:37
2022/05/07

無農薬人参ジュース「パイビタン」の不思議な効果 その2

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン









今回は私の妹が勤めている会社の部長であるM.Wさんのお話しをご紹介したいと思います。

M.Wさんは元来健康で、大きな病気をしたことはなかったそうです。ところが3年前から、頻尿気味になりました。歳だからトイレが近くなったのだろうと考えていました。その後トイレの回数が増え、排尿時に痛みを感じるようになりました。そこで東京の聖路加(せいるか)国際病院で診てもらうことにしました。検査の結果、膀胱がんであることが分かりました。その晩はショックで、食事も喉を通らなかったとのことでした。


その後M.Wさんは入院し、手術をすることになりました。手術は上手くいき、肺や肝臓などへの転移もなかったそうです。そして順調に回復し、体調は良くなり、がんは治ったと思っていました。


ところが一年後の定期健診で、肺にがんがあることが分かりました。すっかり治ったと思っていただけに、驚くと共に気持ちが深く沈みました。


2019年9月、内視鏡による肺がんの手術を行いました。左の肺の上部を5㎝、下部を3㎝切除しました。手術は成功しましたが、主治医からは抗がん剤を使う化学療法を勧められました。M.Wさんは逡巡したそうですが、比較的副作用が少ない上、経口タイプとの説明だったため、その処置を受けることにしました。抗がん剤治療は一年ほど続きましたが、副作用はほとんどありませんでした。


M.Wさんからがんの転移を聞いた妹は、「菜チュラル スター」3袋をM.Wさんに渡し、朝晩2粒ずつ飲むよう勧めたそうです。また、無農薬人参ジュース「パイビタン」を送り、毎日コップ半分飲むよう伝えました。そして、大好きな肉を控えて、野菜を多めに摂るようアドバイスしました。


その後3年間は、定期健診でもがんの数値を判断する腫瘍マーカーの数値は、正常値を保っています。体調もとても良く、長年の胃痛もすっかり良くなりました。「菜チュラル スター」と無農薬人参ジュース「パイビタン」で、がんの再発を阻止できるとは断定できないと思いますが、何らかの影響があったのではないかと思います。

以前ご紹介した大分のS.Iさんの知り合いの方の体験談では、無農薬人参ジュース「パイビタン」を毎日コップ半分飲むことで、がんが消えてしまいましたが、今回のM.Wさんと共通しているのは、肉食を控え、野菜を多めに摂ったということです。パンなどの小麦も控えたそうです。


17:41
2022/05/07

とても美味しい米粉のバナナケーキ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220502トマト
4月30日に定植したトマトが活着したようです。
12年間農薬や化学肥料を使っていないため、根付く時期がとても早くなりました。


  
  220503カレー
4月29日から5月2日まで、ボランティアの皆さんと共に農作業をしました。
皆さんもかなり疲れたと思いますが、私もちょっと疲れたので、昨日は農作業を少しやり、その後はゆっくりしました。

家内がカレーを作ってくれました。
昨年の12月に収穫したジャガイモと、昨日採った人参と玉ねぎで作りました。



  220503ナン




  220503サラダ
今が旬のレタスと玉ねぎのサラダです。



  220502シチュー
最後のブロッコリーを使ってシチューを作ってくれました。




  220503小松菜ナムル
今年2度目に種まきした小松菜が旬を迎えたので、ナムルにしました。




  220502バナナケーキ
バナナケーキを作ってくれました (^^♪
今まで食べたスイーツの中で一番美味しかったです。

自分で作った無農薬米粉と、無農薬砂糖、バナナ、ベイキングパウダーを混ぜて、オーブンで40分焼くだけです。
とても簡単だよと、家内は言ってました。
これはいいですね !(^^)!


05:37
2022/05/03

ボランティアの皆さんが苗を定植してくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220430農作業3
4月29日から5月2日まで、泊まり込みでボランティアの皆さんが農作業に来てくださいました (^^♪



  220430農作業1
東京や埼玉、静岡、栃木からも駆けつけてくれました。


  220430ナス

ナスの苗を定植し、ヒモで結びます。




  220430ピーマン2
ピーマンの苗も元気です。



  220501応援隊2
こちらはカボチャです。ドンドンつるが伸びるので、離して苗を定植しています。


  220501応援隊1
支柱も立てて、完了です。
皆さんはベテランなので、一日で600本の苗を定植してくれました (^^♪
こうして10年もお手伝いいただいています。
皆さんのお陰様で、ひふみ農園は成り立っています。

6月中旬から夏野菜が採れ始めます。

16:57
2022/05/03

いきなり無農薬栽培を始めたキューバ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220430ナス


今年に入り食品や電力、ガスなどが値上がりしています。小麦は9割以上輸入していますので、うどんやパスタ、お菓子なども1割ほど値上げされましたね。20年ぶりの円安のため、輸入のコストが高くなっています。

 万が一、経済危機が来ると仮定した場合、とても参考になる国があります。それはキューバです。キューバは食糧やエネルギーなどを同じ社会主義国のソビエト連邦(当時)から輸入していましたが、1991年にソビエト連邦が崩壊してしまったため、食糧などを輸入することができなくなってしまったのです。食糧だけでなく農薬や化学肥料もソ連に頼っていたので、それらもストップしてしまいました。

 キューバは日本や世界各国と同じように、農薬と化学肥料を使用する慣行農業がメインの国でしたので、国内の農業が停止してしまうという危機的な状況に陥ってしまったのです。しかも当時のキューバの食糧自給率は今の日本とほぼ同じくらいでしたので、一気に食糧難になってしまいました。その影響で多くの国民は栄養失調に陥ってしまったそうです。

 
 自給しようにも農薬も化学肥料も無いわけですので、農業自体がストップしてしまいました。農薬と化学肥料の農法が主流だったことが、状況を悪化させてしまったのです。万事休すです。


 では一体どのようにして危機を乗り越えたのでしょうか?その危機を救ったのが、街中で行われる無農薬・有機肥料の農法でした。もはや農薬は輸入できないので、無農薬で栽培するしかありません。また、化学肥料も輸入できないのですから、有機肥料しかないのです。選択肢もないまま、無農薬・有機肥料栽培を国民総出で実践するしかありませんでした。食べるものがないのですから、弁護士も会計士も皆農作業を行ったそうです。

 地方には畑があるので、まだよかったのですが、首都のハバナには農地はほとんどありません。地方に疎開する人もいたそうですが、移転することができないハバナ市民は、都会で野菜を栽培するしかなかったのです。正に「必要は発明の母」で、そこで考え出されたのが、「オルガノポニコ」という方法です。市内の駐車場のコンクリートの上や屋上など、どこにでも畑を作ったそうです。先ずコンクリートの上にレンガや木などで囲いを作ります。その囲いの中に、有機肥料を混ぜた土を入れ、畑にしたというのです。都会のコンクリートの上にいきなり畑が出現したことになります。日本でもビルの屋上で家庭菜園を実現しているケースが多くなりましたが、それを少し簡単にしたような方法です。全く土がない街中でも、半日もあれば立派な畑が完成するそうです。こうしてハバナ市の至るところに畑ができていきました。また、アパートや一戸建てのベランダでは、多くの人々がプランターで栽培を行っているそうです。

 プランターで栽培しても、少ない量しか収穫できないだろうと思うかも知れませんが、10個、20個と並べられたプランターであれば、かなりの収穫が見込めます。スター農園では、平均で一株のナスから50個くらい収穫できます。プランターで栽培した場合では50個はムリとしても、20個くらいは採れますので、かなり足しになると思います。また、小松菜やほうれん草などの葉物は、根っこから抜いてしまうのではなく、外側の葉からハサミなどで切って収穫すれば、ドンドン葉っぱが出てきますので、なかりの期間、収穫をし続けることが可能です。

こうしてほとんど農業などを行っていなかった人口約200万人のハバナ市は、10年かけて、野菜に関してはほぼ100%の自給が達成されたそうです。しかも無農薬・無化学肥料栽培になります。日本では農薬と化学肥料を使用して栽培するケースが99.8%ですから、いかにキューバが素晴らしいかが分ります。自分たちの手で、安心・安全な野菜を育てたのです。

 ひふみ農園では農薬や化学肥料を使わず、野菜やお米を栽培しているので、農薬や化学肥料が輸入できない状況になったとしても、影響はありません。野菜や稲は本来とても強いので、農薬や肥料が無くても育つのです。庭にある柿やビワに農薬や化学肥料を使う人はほとんどいませんが、毎年立派に実ります。植物も人間も生まれながらにして頑強にできているのですが、それを疎外しているのが人間の意識だと思います。

 


16:54
2022/05/03

現代は人類史上最も平和な時代

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220304空





  現代は人類史上最も平和な時代

 日本時間の2月24日にロシアがウクライナに侵攻しんこうしました。テロではなく、国家による軍事侵攻などが現代でもあるのかと驚いてしまいます。また、テレビや新聞では、頻繁ひんぱんに殺人事件や児童虐待、いじめ自殺、わいせつ教師、交通事故、テロ、格差の拡大などのニュースが流れています。メディアが発達した影響で、様々な負のニュースを目にする機会が増えました。心温まるニュースは、あまりメディアには登場しないように思います。ネガティブな報道に接していると、社会はどんどん悪くなっているのではないかと感じてしまいます。

 そこで実際に世の中は悪くなっているのか、調べてみることにしました。インターネットで検索けんさくすると、スティーブン・ピンカー氏の著書「暴力の人類史」(青土社せいどしゃ刊)を見つけました。上下巻で1300ページという大著たいちょでしたが、意外な事実が明らかになりました。

本書の著者スティーブン・ピンカー氏によると、暴力は歴史的に減少しているとのことです。数千年、数百年、数十年というどの時間尺度しゃくどで見ても減少しています。また、膨大ぼうだいなデータを解析かいせきすることにより、家庭内から地域、異なる部族、国家間に至るまで、様々な規模における暴力が減少していると述べています。「長い歳月の間に人間の暴力は減少し、今日、私たちは人類が地上に出現して以来、最も平和な時代に暮らしているかもしれないのだ」と結論付けています。
■ 暴力の減少の6つの動向 

(1) 平和化のプロセス

紀元前5000年から数千年単位で起きたプロセスになります。狩猟しゅりょう採取さいしゅ社会から農耕社会へ、統治とうち機構のない社会から統治機構のある社会への変化を指しています。このプロセスにより、集団または敵対者同士の襲撃や抗争が減少し、暴力死をげる人はおよそ5分の1に減りました。
(2) 
文明化のプロセス

中世後半から20世紀にかけて生じたプロセスで、主に中央集権国家の誕生と、通商の発達に起因しています。国家は、騎士どうしの縄張り争いを抑止しました。また通商は、人々を奪い合いの関係から両者りょうしゃ両得りょうとくの関係へと変化させました。このプロセスにより、殺人の発生率は10分の1ほどに減っています。
(3) 
人道主義革命

17〜18世紀の理性の時代、啓蒙けいもう主義の時代に当たります。この時代になって初めて、迷信による殺人、拷問ごうもん奴隷制どれいせいなどを廃止しようとする運動が広まってきました。そして、印刷物の増加と識字しきじ能力の向上が、その運動を増長ぞうちょうしました。人々は印刷物を読み、他人の視点を取得することで、共感の輪を広げていきました。
(4) 
長い平和

第二次世界大戦後から現在までを指します。この間、大国間の戦争は長い間、回避されています。
(5) 
新しい平和

米ソ冷戦終結後の動向では、3つのタイプの組織的暴力(内戦、集団虐殺ぎゃくさつ、テロ)がいずれも減少しています。
(6) 権利革命

世界人権宣言(1948年)以降に、主にアイディアと人の拡散かくさんを通して促進された動向を指しています。特定の人種、女性、子供、同性愛者、そして動物に対する暴力が減少し、それらの権利を擁護ようごする運動が活発化しています。
■ 減少を続けている日本の犯罪

 次に日本の犯罪や事故等について調べたところ、大きく減少している事実が判明しました。

・交通事故:1970年前後は16000人以上でしたが、その後減り続け、2020年は2839人でした。

侵入しんにゅう窃盗せっとう(家に入って物を盗むドロボウ):平成元年の23万件から、平成30年には6万件余りにまで減少しています。

・凶悪犯(殺人、強盗など):昭和期には1万5千件、平成の初めには約6000件でした。平成前半に急増した後で減少に転じ、2021年は4900件まで減少しています。

・少年犯罪(刑法犯検挙少年):平成元年には16万人だったが、平成30年には2万3000人にまで急減しています。

・強姦:昭和50年の3704件から減り続け、平成25年は1410件でした。

・自殺:平成3年の1万9875人が、平成13年は3万1755人に増え、令和3年は2万830人となりました。

 犯罪や殺人、事故などについて調べてみたところ、大きく減少している事実が判明しました。メディアの報道からは、社会は悪くなっているのではないかと考えていましたが、実際は良くなっていたのです。ただ、自殺がやや増えている点が気になるところです。

 

16:48
2022/05/03

醤油を仕込みました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220425ジャガイモ

先日ボランティアの皆さんに土寄せしていただいたジャガイモが、元気に成長しています。
6月に収穫します。



  220425大根

大根も大きくなってきました (^^♪
5月中旬から収穫します。



  4月7日の味噌
2月に醤油を仕込みました。






  4月25日の醤油
昨日見たら、かなり発酵が進んでいました。

11月ころには出来上がると思います。
楽しみです (^^♪ 

16:43
2022/04/29

里芋の植え付けをしました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン
  211008雲2

昨日はとても良い天気に恵まれました。
28℃と気温は高かったのですが、風があったので気持ちよかったです (^^♪



  220403ジャガイモ植え付け
ボランティアの方々がお手伝いに来てくれました。

里芋を植え付けてもらいました。まだ発芽していないので、地味な画像ですが。

その後は大根とジャガイモの土寄せ、今年二回目の大根、人参、カブ、春菊の種まきをしてもらいました。


  220422カジキ


夕飯で家内がカジキマグロのステーキを作ってくれました。
大根おろしがいいですね。


  220422がんも煮
このがんもどきは手作りなので、美味しさが違います !(^^)!
畑から採ってきた人参も良い味を添えています。





  220422もやし
もやしと人参のナムルです。これもいいですね。




  220422サラダ
今が旬のフリルレタスのサラダです。



  220422ほうれん草
今年のほうれん草は各段に美味しくできました。
家族も感心していました。



  220423明太子





  220422夕飯
  
今日は生姜の植え付け、レタス、サニーレタス、フリルレタスの定植、里芋の植え付けを行います。
今日も良い天気で良かったです (^^♪


05:49
2022/04/29

可愛いてんとう虫がいました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220421芝桜
芝桜が満開です。
紫と緑が映えますね。



  220421人参

野菜セットを発送しました。
今日の内容は、人参、大根、サニーレタス、小松菜、ほうれん草、リーフレタスでした。
この時期は葉物が美味しいですね (^^♪





  220421幼虫
この虫は何だか分かりますか?




  220421成虫
てんとう虫の幼虫でした。こちらは孵化した成虫です。

いよいよ虫が多くなってきました。
これからは野菜が少し虫に食われるかと思います。

今日は寒くも暑くもない、最高の天気でした。
お陰様で農作業がはかどりました (^^♪


05:43
2022/04/29

ひろゆきが語る「頭のいい人は料理ができる」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン
<MSニュースより転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。

彼の代表作『1%の努力』では、「考え方の根っこ」を深く掘り下げ、思考の原点をマジメに語っている。この記事では、ひろゆき氏にさらに気になる質問をぶつけてみた。(構成:種岡 健)

料理には「すべて」詰まっている

 みなさん料理はしますか?

 仕事が忙しくて外食やコンビニ弁当ばかりじゃないですか?

 料理には、すべての能力が詰まっていると思っています。

 仕事ができる人、勉強ができる人は、必然的に料理も得意になるはずです。

 それについて述べていきましょう。

誰でも「結果」が出せる

 高いお金を出せば、誰でもおいしいものが食べられます。

 頭がよかろうが、バカだろうが、関係ありません。

 ただ、自分で作るとなると話が変わってきます。

 別に高い食材を使わなくても、近くのスーパーで買ってきた食材を使うだけで、おいしい料理を作ることは可能です。

 それはプロが食べてうなるような味である必要はありません。

 自分で食べたり、家族が食べて、「これ、おいしいね」と言ってもらえるレベルであれば問題ないのです。

自分で「微調整」する力

 その努力すらやらない人は、おそらくどんな仕事や勉強もうまくいきません。

 料理は、最速で結果やゴールがわかります。

「こうすればうまくいくはず」という狙いを定めて、食材や調味料を選び、ダンドリよく作業をします。

 その順番とか、味の調整などを考えるのは、まさに仕事や勉強と同じ作業です。

 これをめんどくさがる人は、仕事や勉強でも手を抜く可能性があります。

 どんな物事にも、「わからない!」「理解できない!」という壁が出てきます。

 それを、グッと堪えて乗り越える瞬間に、自分の頭の中にブレイクスルーが訪れます。

「営業がうまくいかない」「数学がついていけない」。そういう壁を越えるために、いろいろと試行錯誤できるかどうか。

 その感覚を知らない人は、きっと料理すらできずに外食で高いお金を支払い続けるのでしょう。

ひろゆき

本名:西村博之

1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。著書に、44万部を突破したベストセラー『1%の努力』(ダイヤモンド社)がある。

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  220328シチュー


  220328胡麻和え


  220328カジキ

ひろゆきさんは最近メディアに登場する機会が増えてきていますね。

ひろゆきさんが言うように、創造力を鍛えるには料理もよいかと思います。

夕飯の支度をする際には、先ずは何時に料理を仕上げるかを決めますね。

シチューと小松菜のごま和え、ご飯、カジキマグロのソテーを作るのであれば、
カジキマグロのソテーから作る人はいないと思います。
先ずお米をといで、炊飯器にセットし、煮込む時間がかかるシチューから作ると思います。

まずは3種類の料理で使う野菜を全て仕込んでおきます。
ジャガイモの皮を剥いて、アクを取るために5分ほど水にさらします。人参、玉ねぎ、ブロッコリー、シメジなどをカットし、焦げない程度に炒めます(炒めなくても作れます)。我が家は肉が苦手なのでブロッコリーやキノコを使います。

次にごま和えを作ります。冷めてから食べる料理なので、先に作っておきます。
6時45分くらいからカジキマグロをフライパンで焼き始めれば、7時ちょっと前に出来上がります。

主婦の方であれば毎日やっていることなので、当たり前かと思いますが、初めて料理を作る場合は気が付きにくいですね。

学生時代は一人暮らしでしたが、節約するために自炊が多かったです。
最初はカレーや目玉焼きなど簡単なものしか作れませんでしたが、何度も失敗しながらやっていけば自然と作れるものですね。




MSニュース


 

05:38
2022/04/20

サニーレタスが旬を迎えました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220412芝桜

昨日も前橋は27℃まで気温が上昇し、初夏のような気候でした。
芝桜が綺麗に咲いています。



  220412レタス2

レタスが大きくなってきました (^^♪
来週から収穫の予定です。



  220412ジャガイモ2

10日前の霜で枯れてしまった葉が、復活しました!
強いものですね。


  220412サニーレタス2

サニーレタスが旬を迎えました。
今週から野菜セットの仲間入りをしています。


 

17:38
2022/04/20

ひろゆきが語る「頭のいい人は料理ができる」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン
<MSニュースより転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。

彼の代表作『1%の努力』では、「考え方の根っこ」を深く掘り下げ、思考の原点をマジメに語っている。この記事では、ひろゆき氏にさらに気になる質問をぶつけてみた。(構成:種岡 健)

料理には「すべて」詰まっている

 みなさん料理はしますか?

 仕事が忙しくて外食やコンビニ弁当ばかりじゃないですか?

 料理には、すべての能力が詰まっていると思っています。

 仕事ができる人、勉強ができる人は、必然的に料理も得意になるはずです。

 それについて述べていきましょう。

誰でも「結果」が出せる

 高いお金を出せば、誰でもおいしいものが食べられます。

 頭がよかろうが、バカだろうが、関係ありません。

 ただ、自分で作るとなると話が変わってきます。

 別に高い食材を使わなくても、近くのスーパーで買ってきた食材を使うだけで、おいしい料理を作ることは可能です。

 それはプロが食べてうなるような味である必要はありません。

 自分で食べたり、家族が食べて、「これ、おいしいね」と言ってもらえるレベルであれば問題ないのです。

自分で「微調整」する力

 その努力すらやらない人は、おそらくどんな仕事や勉強もうまくいきません。

 料理は、最速で結果やゴールがわかります。

「こうすればうまくいくはず」という狙いを定めて、食材や調味料を選び、ダンドリよく作業をします。

 その順番とか、味の調整などを考えるのは、まさに仕事や勉強と同じ作業です。

 これをめんどくさがる人は、仕事や勉強でも手を抜く可能性があります。

 どんな物事にも、「わからない!」「理解できない!」という壁が出てきます。

 それを、グッと堪えて乗り越える瞬間に、自分の頭の中にブレイクスルーが訪れます。

「営業がうまくいかない」「数学がついていけない」。そういう壁を越えるために、いろいろと試行錯誤できるかどうか。

 その感覚を知らない人は、きっと料理すらできずに外食で高いお金を支払い続けるのでしょう。

ひろゆき

本名:西村博之

1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。著書に、44万部を突破したベストセラー『1%の努力』(ダイヤモンド社)がある。

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  220328シチュー


  220328胡麻和え


  220328カジキ

ひろゆきさんは最近メディアに登場する機会が増えてきていますね。

ひろゆきさんが言うように、創造力を鍛えるには料理もよいかと思います。

夕飯の支度をする際には、先ずは何時に料理を仕上げるかを決めますね。

シチューと小松菜のごま和え、ご飯、カジキマグロのソテーを作るのであれば、
カジキマグロのソテーから作る人はいないと思います。
先ずお米をといで、炊飯器にセットし、煮込む時間がかかるシチューから作ると思います。
ジャガイモの皮を剥いて、アクを取るために5分ほど水にさらします。人参、玉ねぎ、ブロッコリー、シメジなどをカットし、焦げない程度に炒めます(炒めなくても作れます)。我が家は肉が苦手なのでブロッコリーやキノコを使います。

次にごま和えを作ります。冷めてから食べる料理なので、先に作っておきます。
6時45分くらいからカジキマグロをフライパンで焼き始めれば、7時ちょっと前に出来上がります。

主婦の方であれば毎日やっていることなので、当たり前かと思いますが、初めて料理を作る場合は気が付きにくいですね。

学生時代は一人暮らしでしたが、節約するために自炊が多かったです。
最初はカレーや目玉焼きなど簡単なものしか作れませんでしたが、何度も失敗しながらやっていけば自然と作れるものですね。




MSニュース


 

17:34
2022/04/20

日本弥栄の会会員様への割引の終了につきまして

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン
いつも野菜セットをご愛顧いただきましてありがとうございます。

野菜セットは日本弥栄の会会員様へは10年間割引価格にて、ご提供させていただいておりましたが、資材や種の値上げに伴い4月30日をもちまして割引を終了とさせていただきます。

10年間大変お世話になりました。
今後は通常価格にてお求めいただきたくお願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。


17:28
2022/04/10

皇の時代 「言(げん)」は80億光年まで届く

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220331花

美しい花は安らぎを与えてくれます。



  220331自宅芝桜
 
庭の芝桜が咲き始めました。小さくて可憐な花ですね。




「皇の時代」には、以下のように書かれています。


『私たちを生かし、造り、動かしているのは、見えない領域の神、仏、その他の生命体や、もの、ことなど、自分以外の「他」という方々でした。

 このような見えない存在が、どのようにして、その人に付くのでしょうか。

 それは言葉です。言葉は正確には「言(げん)」といいます。

 言はどんなに小さな声でも、その言の波動は、80憶光年先まで広がっています。その波動を受けて、その波動に合った見えない方々が協力してくれるのです。

 よく言葉は大切だといいますが、よい「言」を発して、自然に合った生き方をしているだけで、放っておいても幸せの方向へいくのです。すると、この地上でも自分に合う波動の人が集まるようになっています。

 ですから、悪い言葉や、マイナスの言葉や、乱暴な言葉を使っていると、そういう波動の見えない協力者がつくとともに、仲間が集まってきます。良い仲間に恵まれたいと思うなら、自分の言葉に気を付けるのが良いでしょう。気の合わない人と嫌なのに、いままでのように損か得かで無理に合わせようとしていると、自分が異常になり、運が落ちることになりますので、無理せず、マイペースで自分に正直に生きることが大切です。』

 

量子力学では言葉も素粒子でできていると言われています。素粒子は時空を超えるので、自分の発した言葉のエネルギーは地球の裏側まで瞬時(同時)に届くそうです。

良い言葉を使っていると良い仲間に恵まれることは、多くの人が体験していると思います。
類は友を呼ぶということですね。

14:15
2022/04/10

皇の時代  「ウイルス性の病気は自分で選んでいる」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220331花2

家内に聞いたところフリージアだそうです。




以前友人からご紹介いただいた「皇の時代」という書籍をご紹介します。


  ウイルス、細菌は浄化の救世主


 風邪の季節になると、「ウイルスをやっつけろ」、食中毒というと「細菌をやっつけろ」と悪者扱いされています。

 ウイルスや細菌に限らず、自分の意に反した結果が出ると、自分は正しいことをしているのに、あの人のせいでこうなった、世の中が悪いから、社会が悪いから、政治が悪いから、国民が悪いから、他人が悪いからと、自分は一切責任をとらず、相手に責任をなすりつけてきました。

 このような思考は、いままでの祖の時代の特徴であり、「天動説的思考」といい、祖の時代のルールでした。

 では、本当にウイルスや細菌は、望まないのに勝手に入ってくるのでしょうか。しかし、ウイルスや細菌には、意思はありません。細胞には意思がありますので、宿主次第で、たとえば細胞が、そのウイルスの遺伝子を取り込むかどうかを決めるのです。

 たとえば癌ウイルスの情報が欲しいと思ったら、自分の細胞が癌ウイルスをつかんできて、感染させて癌を発症させるというメカニズムになっているのであって、ウイルスには何の罪もありません。あくまでも、ウイルス性の病気も、細菌性の病気も、自分自身が選びつかみ取っているのです。


 ウイルスは私たちの遺伝子を組み換えて、間違った方向に行かないように修正して、人間を正しい方向に導いてくれています。


 いままでの祖の時代に活躍したウイルスは、人間が鈍感になるような体質にするウイルスでしたが、いまは人間を敏感になるように変えてくれるウイルスが組み込まれつつあります。


 そのおかげでこれから次第に、誰もが超能力者になれるのです。そうなると、ほとんど脳を使わず、感性、感覚で生きられるようになりますので、とても楽になります。また、人間が近代化したのも、ウイルスの協力によるものです。


 私たちの食事量をみますと、昔は大食の人が、多かったのですが、これはご飯を直接食べないと、エネルギー変換ができなかったからです。


 
しかし、いまは昔と比べて食事の量が減ってきています。それもウイルスによって、あまり量を摂らなくてもエネルギー変換ができるように、体質が改善されたからなのです。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病気は外からやって来て、感染させられる厄介なものと考えていましたが、逆だそうです。
「病気というのは、自分自身が選びつかみ取っている」とのことです。

また、昔よりも食事の量が減っているそうです。ウイルスによりエネルギー変換の効率が良くなったからとのことです。新人類でしょうかね。
戦国武将は一日に米を6合食べていたとの記録があります。おかずが少ないとはいえ、多いですね。現代でそんなに食べられる人はほとんどいません。
ウイルスなどの影響で、人間の体は少しづつ変化しているのかもしれませんね。


14:11
2022/04/10

コロナ、ウクライナ  大峠の真っ最中の世界

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

2年前からコロナ騒動で世界中が混乱してきましたが、それも収まらないうちにロシアがウクライナに侵攻し、混乱に拍車をかけています。

2月までは毎日テレビでコロナ騒動を報道していましたが、現在はウクライナ問題に変わっています。日本の報道ではロシアへの制裁で、ロシアは経済が悪化し自滅するのではないかという流れになっています。

実際のところ、ルーブルは3月上旬に36%も下落しましたが、現在はほぼ侵攻前に戻っています。外貨の柱の一つである天然ガスについては、EUは制裁のため輸入をしていませんが、その分を中国が買っているので、ロシアにとっては問題となっていません。

また、ロシアの経済の柱である原油価格が高騰を続けているので、ロシアにとっては追い風となっています。2014年は原油価格が1バレル109ドルでしたが、2015年には44ドルまで値下がりしたため、ロシア経済は大不況となりました。ロシアを追い込むのであれば、先ずアメリカが原油の生産量を減らし、サウジアラビヤなどに圧力をかけて減産させればいいのですが、アメリカはそれを行っていません。それが何より不思議です。

さらにロシアへの制裁により、小麦価格は約30%値上がりしました。小麦の輸出が経済の柱であるロシアにとっては嬉しい限りです。
このように見ると、アメリカやEU、日本など40数か国の制裁により、ロシア経済は良くなっているのです。制裁は全くの逆効果で、ロシアにとってはメリットが多いのです。

正に制裁という名の支援ですね。先月くらいから気になっていたのですが、今回のロシアのウクライナへの侵攻は、コロナと同じように地球規模の企みがあって始められたのではないかということです。
今後世界経済は金融優先の欧米諸国と実物優先のBRICs諸国に二極化されていくと思います。欧米諸国はドルを基軸に、BRICs諸国は金本位制に近い通貨を使うように考えられます。両陣営ともに、次第に仮想通貨に比重を移すと思います。

コロナ騒動やウクライナ侵攻は誰が計画したのかは何とも言えません。ロスチャイルドの上位に位置すると言われるバチカンや、欧州王室連合のさらに上の数人の人たちなのかもしれません。
ただ、大きな観点から見れば地球の意思であり、宇宙の意思だと思います。

宇宙のシステムと連動している組織が日本にあるので、その組織が意図していないにもかかわらず、世界が動いているのだと思います。
地球のバイオリズムでいえば、イギリス文明が終わり、日本文明が始まりつつあるということです。
地球は生まれ変わりの最中です。
新人類と旧人類に二極化されてきています。
そして未来の新人類の地球は、慈悲に満ちた世界になると思います。

14:08
2022/04/10

春のブロッコリーが旬を迎えました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220403ブロッコリー

昨日は春らしい暖かい一日でした。
作業をしていると暑いくらいでした。

春のブロッコリーが旬を迎えました。
昨年の9月に種まきして、苗を作り、定植して今収穫となります。
秋のブロッコリーの方が味が濃いですが、春のものはさわやかな感じです。


  220403ブロッコリー2

この種類は脇芽も大きくなるので、二度、三度楽しめます。

  220403ネギ

ボランティアの皆さんに移植してもらった長ネギが活着(根付く)したようです。
半年するとこの一本が20本ほどに分けつします。
19本を収穫して、残りの一本をまた植えるので、減ることはありません (^^♪
こうして12年目になりますが、自然は上手く循環しています。



  220404ジャガイモ枯れた

季節外れの霜で、せっかく発芽したジャガイモがダメになってしまいました (*_*;
10年に一度くらいこういうアクシデントがあります。
ジャガイモは7本くらい芽を出すので、来週には他の芽が出て来ます。
少し収量は減りますが、自分でリカバリするのはすごいなと感じます。

三寒四温も終わり、これからは冬のような寒さはないと思います。
この時期は一年で最も忙しいのですが、ボランティアの皆さんのお陰様で何とかやれています。
有難いことです。


 

14:02
2022/04/10

玉ねぎが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン



  220404ネギ移植

昨年の11月にボランティアの方々に移植してもらった玉ねぎが、大きくなってきました。
5月から新玉ねぎとして収穫します。



  220403ジャガイモ植え付け

また、昨日はボランティアの皆さんに第二陣のジャガイモを植え付けてもらいました。画像では単なる畝ですが。
6月に収穫予定です。




  220407野菜炒め

農作業の後はお風呂に入ってサッパリしました。
家内が料理を作ってくれました。

エビ、イカ、アサリの海鮮野菜炒めです。香りがいいですね (^^♪





  220407スープ

畑で採れた無農薬のジャガイモ、人参、玉ねぎのスープです。
植物性の出汁の素が、野菜の味を引き立たせてくれますね。



  

  220407ホタルイカ

ホタルイカをいただきました。ホタルイカは6月くらいまで楽しめますね。



  
  220407ナムル

畑で採れた小松菜と人参、しめじのナムルです。
これも美味しいですね! 酢の加減が最高です。



  
  220407卵とじ
  
無農薬砂糖の卵とじもいいですね。


13:55
2022/04/03

日本弥栄の会会員様への割引の終了につきまして

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

いつも野菜セットをご愛顧いただきましてありがとうございます。

野菜セットは日本弥栄の会会員様へは10年間割引価格にて、ご提供させていただいておりましたが、資材や種の値上げに伴い4月30日をもちまして割引を終了とさせていただきます。

10年間大変お世話になりました。
今後は通常価格にてお求めいただきたくお願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。

17:48
2022/04/02

春本番 井の頭公園

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220320井の頭公園

講演会に参加するために、東京へ行きました。
家内は国分寺で友だちとランチをするということなので、家内に車で国分寺まで送ってもらいました。

11時15分に国分寺駅に着きました。講演会は14:30開演なので、中央線沿線をブラブラすることにしました。

国分寺には20年ほど住んでいたので、色々な想い出があります。

講演会は東京駅で開催されるので、国分寺からは一本で行けます。
先ずは吉祥寺で下車しました。

天気も良く、暖かかったので大勢の人が出ていました。
井の頭公園も家族連れや若い人たちでにぎわっていました。

公園内の池では30台くらいの白鳥のボートが出ていました。


  220320井の頭公園2

桜はまだ咲いていませんでしたが、つぼみが膨らんでいました。


  220320自然教育園

子どもが小さいころは井の頭公園の近くに住んでいたので、公園内にある井の頭自然文化園に何度もいきました。
昨日はコロナの影響で休館でした。



  220320山本太郎2

井の頭公園でのんびりしてから、中野で途中下車しました。
中野には10年間会社の事務所を置いていたので、愛着のある街ですね。

改札を抜けると、北口の広場で山本太郎さんが演説をしていました。
80人ほどの人たちが聴き入っていました。

消費税廃止や累進課税の推進などについて語っていました。

  220320山本太郎
  消費税廃止と書かれていました


 

16:56
2022/04/02

無農薬人参ジュース「パイビタン」の不思議な効果

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

先日無農薬人参ジュース「パイビタン」を定期購入していただいている大分県のS.Iさんから、お便りをいただきました。ご本人の了解をいただき、ご紹介させていただきます。

『私の自宅の近所に住んでいる子で、うちの父がとてもお世話になっている娘さんがいるのですが、その子が2年近く前に胃がんになり、手術をしたそうです。大腸と十二指腸にガンが転移していて、もう無理で助からないので、途中で手術を中止したという事です。たぶん腸閉塞になり、3ケ月も持たないだろうと言われたそうです。たとえ抗ガン剤治療をしても半年だと、手術終了後に先生からストレートに言われたので、悲しむ暇もなかったと言っていました。

それからは抗ガン剤の治療も止めて、漢方薬での治療をしていたそうです。そして、昨年の夏に私と出会いました。私はその娘さんに【動物性の食事は極力控えて、無農薬人参ジュース「パイビタン」を毎日少しずつ飲んでみて】と言って、1週間に1本(1リットル)の割合で、「パイビタン」を飲んでもらいました。しばらくすると、体調が良くなってきたと言われ、先週、なんとガンが消えてなくなっていたそうです。医師も本人もびっくりしたそうです! 嬉しいお知らせでした。』

「パイビタン」を飲んでガンが消えたと断定はできませんが、良い影響を与えたのではないかと思われます。動物性の食事を控えたことも大きく影響していると考えられます。


その後、S.Iさんから再度お便りをいただきました。
『こんにちは、追加のお話です。本日父と夕食をしていたら、急に言い出したことがあります。父は去年の夏に、耳の裏に良性の腫瘍しゅようができていたそうです。ところが、最近その腫瘍が無くなっていたというのです。一緒に父も無農薬人参ジュース「パイビタン」を飲み始め、肉食もあまりしなくなりました。それで最近腫瘍が無くなっているのに気が付いたと、父が突然話すのです。これも先日ご連絡したあの娘さんと同様の結果と言えるのではないでしょうか? ですので、早速連絡した次第です。』

驚きの体験談ですが、無農薬人参ジュース「パイビタン」が何らかの影響を与えたことが分かりました。

  新パイビタン1



  無農薬人参ジュースを使用するゲルソン療法

 無農薬人参ジュースを飲む療法に、有名なゲルソン療法があります。この療法は、ドイツのゲルソン医師が1930年に開発した治療法で、ガンを全身の栄養障害、代謝たいしゃ障害ととらえ、大量の生野菜ジュースや塩抜きの食事摂取を中心に治療していく食事療法です。

 ゲルソン療法の特徴のひとつが、無農薬人参ジュースと多種類の生野菜ジュースを飲むことです。 多くの野菜が抗ガン作用を持っていることは知られてきていますが、ゲルソン療法では特に無農薬人参ジュースを大量に摂取します。

 それは、人参には抗ガン作用のあるβカロテンとアルファカロテンなどの優れた栄養素が豊富にふくまれており、特にアルファカロテンは、βカロテンの2倍の抗ガン作用を持っていると言われ、発ガン抑制よくせい効果はβカロテンよりもはるかに強いという研究結果も出ているのだそうです。

 また、米国立ガン研究所も、ガンの予防に1日に6mgのβカロテンの摂取が望ましいともすすめています。
*ゲルソン療法については多くの書籍が刊行されています。また、インターネットで「ゲルソン療法」について検索けんさくすると、たくさんの情報が出てきますので、ご参考にしてください。

 


16:44
2022/04/02

レタスが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220304空

昨日は春らしい良い天気でした。
18℃まで気温が上がりとても暖かかったです。



  220325ハウスレタス

レタスが大きくなってきました (^^♪
4月半ばに収穫の予定です。


  220325てんとう虫幼虫

不織布の上をてんとう虫の幼虫が歩いていました。
寒い冬をさなぎで過ごしたのでしょうね。


  220325キャベツ定植
  
昨日は息子と一緒にキャベツを定植しました。
6月中旬に収穫の予定です。



  220325ミモザ桜

玄関のミモザと桜が綺麗です。
春ですね。


16:41
2022/04/02

ジャガイモが発芽しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  220328サニーレタス

今日は暖かかったですね。
前橋は20℃でした。

サニーレタスとフリルレタスが大きくなってきました (^^♪
来週から収穫です。



  220328ジャガイモ発芽

3月上旬に植え付けたジャガイモが発芽しました。
昨年採れたジャガイモを種芋にしました。
こうして12年間循環しています。
一個のジャガイモから10個以上採れるので、減ることはありません。



  220328カジキ

ボランティアの皆さんがお手伝いに来てくれました。
今日は玉ねぎの土寄せとジャガイモを植え付けてくれました。
6月には収穫です。


夕飯は家内がカジキマグロのステーキを作ってくれました。
大根おろしがいいですね (^^♪


  220328シチュー

畑で採れた無農薬人参とジャガイモ、ほうれん草、玉ねぎでシチューを作ってくれました。



  220328玉丼

玉ねぎとしめじ、人参の卵とじです。


  220328胡麻和え

無農薬チンゲン菜のごま和えもいいですね。



  220328ほうれん草

ほうれん草の味が濃くてサイコーです。



  220328こんぶ


今日は良い天気に恵まれ、作業がはかどりました。
明日も楽しくやりたいと思います。

16:37
2022/03/19

無農薬イチゴが生りました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220318イチゴ

3年前に植えたイチゴが今年も生りました。
肥料も与えずほったらかしですが、毎年美味しい無農薬イチゴが実ります (^^♪
ボランティアの皆さんのオヤツです。



  220318サニーレタス

サニーレタスとフリルレタスが大きくなってきました。
10日ほどで収穫です。


  220318チャーハン

昨日は家内がチャーハンを作ってくれました (^^♪
エビやイカ、アサリの海鮮風味です。


  220318野菜スープ

うちで採れた人参やカブ、ジャガイモ、白菜、菜の花のスープです。
薄味なので野菜の味がよく分かります。


  220318アジ

アジの干物もいいですね。


  220318大根おろし

干物には赤大根のおろしがよく合います。


  220315ほうれん草





  220318ほうれん草

春のほうれん草のお浸しです。
家族に美味しいと喜んでもらいました!

 

17:31
2022/03/19

大根が発芽しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220315大根

昨日は23℃まで気温が上がり、作業をしていると暑くなりました。
春を越えて初夏のようです。

先日種まきした大根が発芽しました (^^♪
収穫もいいですが、発芽が一番嬉しいですね。



  220315ほうれん草

ほうれん草が元気に成長しています。
この時期はまだ虫がいないので、とても綺麗です。



  220315山東菜

こちらは山東菜です。
綺麗な緑色ですね。

無農薬栽培はそれほど難しくないので、プランターでやってみてもいいですね !(^^)!



 

17:29
2022/03/19

ボランティアの皆さんにお手伝いいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン




  220304空

3月に入り、毎日暖かい日が続いています。
昨日もいい天気で、作業をしていても気持ちよかったです (^^♪
雨の日もありますが、こういう最高の日もありますね。



  220304障がい者さん

いつもお手伝いいただいている近くの障がい者施設「あいりんくす」の皆さんが来てくれました。



   220304山菜おこわ

家内が山菜おこわを作ってくれました。
東京にいたころは、米八のおこわをよく買いましたが、手作りも美味しいですね。


  220304エビ

エビとカブの煮物です。
カブはまだ収穫できますが、そろそろ終わりです。




  220304カジキ

ニンニクが効いた甘辛カジキステーキです。
これも旨いですね !(^^)!





  220304湯豆腐

定番の湯豆腐です。
白菜、長ネギ、カブ、大根、人参は畑で採ってきました。
売るほどあるので、いくらでも食べられます。




  220304薬味

大根おろしと薬味ネギで一味美味しくなります。
  

17:24
2022/03/19

不思議な効果がある「パイビタン」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

 

  がんの再発を阻止する可能性のある「菜チュラル スター」と「パイビタン」


今回は私の妹が勤めている会社の部長である和田正雄さんのお話しを、ご本人のご了解を得てご紹介したいと思います。

 和田さんは元来健康で、大きな病気をしたことはなかったそうです。ところが3年前から、ひん尿にょう気味になりました。歳だからトイレが近くなったのだろうと考えていました。その後トイレの回数が増え、排尿はいにょう時に痛みを感じるようになりました。

 
 そこで東京の聖路加せいろか国際病院でてもらうことにしました。検査の結果、膀胱ぼうこうがんであることが分かりました。その晩はショックで、食事も喉を通らなかったとのことでした。

 その後和田さんは入院し、手術をすることになりました。手術は上手くいき、肺や肝臓などへの転移もなかったそうです。そして順調に回復し、体調は良くなり、がんは治ったと思っていました。

 
 ところが一年後の定期健診で、肺にがんがあることが分かりました。すっかり治ったと思っていただけに、驚くと共に気持ちが深く沈みました。

 2019年9月、内視鏡による肺がんの手術を行いました。左の肺の上部を5㎝、下部を3㎝切除しました。手術は成功しましたが、主治医からは抗がん剤を使う化学療法を勧められました。和田さんは逡巡しゅんじゅんしたそうですが、比較的副作用が少ない上、経口けいこうタイプとの説明だったため、その処置を受けることにしました。抗がん剤治療は一年ほど続きましたが、副作用はほとんどありませんでした。


 和田さんからがんの転移を聞いた妹は、「菜チュラル スター」3袋を和田さんに渡し、朝晩2粒ずつ飲むよう勧めたそうです。また、無農薬人参ジュース「パイビタン」を送り、毎日コップ半分飲むよう伝えました。そして、大好きな肉を控えて、野菜を多めにるようアドバイスしました。

 その後2年間は、定期健診でもがんの数値を判断する腫瘍しゅようマーカーの数値は、正常値を保っています。体調もとても良く、長年の胃痛もすっかり良くなりました。

 「菜チュラル スター」と無農薬人参ジュース「パイビタン」で、がんの再発を阻止できるとは断定できないと思いますが、何らかの影響があったのではないかと思います。

 
 以前ご紹介した大分のS.Iさんの知り合いの方の体験談では、無農薬人参ジュース「パイビタン」を毎日コップ半分飲むことで、がんが消えてしまいましたが、今回の和田さんと共通しているのは、肉食を控え、野菜を多めにるということです。


  
  新パイビタン1



--------------------------


 
  菜チュラルスター2

   

「パイビタン」「菜チュラル スター」は先日紹介したパイウォーターの技術を使って作られているので、人間の細胞などの生体水に近いものになっています。
それで不思議なパワーがあるようです。


17:21
2022/03/08

ボランティアの皆さんにお手伝いいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン




  220304空

3月に入り、毎日暖かい日が続いています。
昨日もいい天気で、作業をしていても気持ちよかったです (^^♪
雨の日もありますが、こういう最高の日もありますね。



  220304障がい者さん

いつもお手伝いいただいている近くの障がい者施設「あいりんくす」の皆さんが来てくれました。
ボランティアの皆さんともすっかり慣れて、楽しく作業をしてくれています。




   220304山菜おこわ

家内が山菜おこわを作ってくれました。
東京にいたころは、米八のおこわをよく買いましたが、手作りも美味しいですね。


  220304エビ

エビとカブの煮物です。相変わらず美味しいです。
カブはまだ収穫できますが、そろそろ終わりです。



  220304カジキ

ニンニクが効いた甘辛カジキステーキです。
これも旨いですね !(^^)!





  220304湯豆腐

定番の湯豆腐です。
白菜、長ネギ、カブ、大根、人参は畑で採ってきました。
売るほどあるので、いくらでも食べられます。




  220304薬味

大根おろしと薬味ネギで一味美味しくなります。
  

05:39
2022/03/08

小松菜が元気に成長しています

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220305桜水仙

今日は少し気温が下がりました。
早桜と庭の水仙が綺麗です。
玄関に入ると水仙の香りが漂います。


  220305小松菜

小松菜が元気に成長しています。
この時期は虫がいないので、とても綺麗です。
先日から野菜セットの仲間に加えています。

  
  220305 シチュー

昨日はシチューでした。
ジャガイモ、白菜、カブ、ブロッコリー、人参、玉ねぎを煮込みました。
野菜の出汁が出ていて、とてもいいですね (^^♪
白菜は意外と美味しいです。


  220305チャーハン

チャーハンもいい味です。
焼き豚の代わりに野菜の出汁の「野菜のおかげ」で作りました。
さっぱりしていて何ともいいですね。
 

05:36
2022/02/20

お客様からチョコレートをいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン




  220205紺野さんからチョコ

無農薬人参ジュース「パイビタン」を定期購入してくださっている方から、チョコレートを送っていただきました (^^♪

こうして見ると、芸術のように綺麗ですね!





  220205紺野さんからお菓子

こちらもいただきました。
チョコレートの洋菓子ですね。

お客様から心遣いをいただいて恐縮しましたが、とても嬉しく思いました。


また、先週初めて「無農薬お任せ野菜セット」を購入されたお客様から、嬉しいお便りをいただきました。


『送っていただいた野菜で味噌鍋を作ったところ、いつもと作り方は同じなのに、びっくりするくらい深い味わいの美味しい味噌鍋ができました。時間や手間をかけて栽培されていたことが、実感できました。ありがとうございました!』
 
農薬や化学肥料、畜産系の肥料を与えていないため、野菜が逞しくなります。
それで味が良くなるようです。

日本弥栄の会の会員さんからも、「スーパーの野菜とは全然違う!」と言われました。
農薬で虫から守ったり、化学肥料を与えると、過保護になり、野菜本来の創造力が発揮しにくくなります。
人間も野菜も同じですね。



17:47
2022/02/20

今年も味噌を仕込みました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン




  220212味噌1

毎年この時期に、味噌を仕込みます。


先ず、前日からひふみ農園の無農薬の大豆を24時間水に浸します。
丸い大豆が長くなっています。
これが乾燥させる以前の姿ですね。


  220212味噌2

最初は強火で、その後弱火と中火の間くらいで茹でます。
3時間半ほど茹でました。
豆腐のような良い香りがしてきます (^^♪
手に取って、つぶしてみて、柔らかくなっていればOKです。


  220212味噌3

茹で上がりました。ザルで水を切ります。


  220212味噌6

ジプロックに入れて、手のひらで大豆をつぶします。
10回くらいかかって、全ての大豆をつぶしました。


   
  220212味噌仕込み

つぶした大豆に塩、麹、種味噌を加えて、まんべんなく混ぜます。
種味噌は昨年仕込んだ味噌になります。この味噌の菌が毎年引き継がれていき、手前味噌になります。

冷ました煮汁を少しづつ加えて混ぜながら、適当な硬さに調整します。





  220212味噌5


空気を抜きながら、容器に詰めて完成です。

カメに仕込めばよいのでしょうが、毎年市販のプラスチック容器にラップを敷いて、仕込んでいます。



  220212味噌4

 こちらは昨年仕込んだ味噌です。
一年ものですが、二年経つともっと黒くなります。
それでも市販の味噌と違って、すぐに溶けます。

自分で作った味噌は、大豆のツブが残っているので、手作り感がありますね。家内も気に入っています (^^♪

17:37
2022/02/10

「菜イス!ベジ」で糖尿病が改善された方の体験談

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

糖尿病改善サプリメント「菜イス!ベジ」を摂取した方からお便りをいただいたので、ご紹介したいと思います。

『3年前の健康診断で、糖尿病と診断されました。HbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)が7.4という数値でした。病院で出された薬を飲み、好物の甘い物も控えていましたが、なかなか改善されませんでした。

今年の春に友だちから「菜イス!ベジ」を紹介され、一日3粒飲むようになりました。最初の一ヶ月では糖尿病の数値には変化がありませんでしたが、二ヶ月後に7.3になりました。


そして三ヶ月後に6.8までに下がったのです。6.5以下に下げたいので、もう少し頑張ってみたいと思います。それと好きだったパンを減らして、ご飯と野菜、魚中心の食事に変えたことも良かったと思っています。』(神奈川県T.Y様)

 

   
  


16:59
2022/02/10

人参ジュースでガンが消えた方の体験談

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

以前、石原結實(ゆうみ)医学博士の講演会に参加しました。石原先生は著書を300冊以上書かれている有名な方ですので、ご存知の方も多いと思います。
石原先生は、「
健康の秘訣は穀類と野菜を腹八分」といわれているだけではなく、ご自身もそれを実践されています。石原先生の著書「医者いらずのにんじんジュース健康法」(PHP文庫)から「ガンへの処方箋」についてご紹介します。

『ヨーロッパの自然療法病院では、昔からガンの治療としてニンジンジュースを用いてきました。今でも、メキシコのゲルソン病院、イギリスのブリストル・ガンヘルプセンター、ドイツの自然療法病院などでのガン治療の主役は、ニンジンジュースです。

私の周りにも、ニンジンジュースでガンを治した人が何人もいます。高校時代の友人で、アメリカで鍼灸師(しんきゅうし)として活躍しているK君は、ある時、痛みを伴わない血尿がドバッと出たので、ほぼ間違いなく膀胱(ぼうこう)ガンだと確信をもって近くのクリニックを訪れ、諸検査の結果、やはり「膀胱ガン」との診断を受けました。大学病院を紹介され、手術を待つまでの一ヶ月、毎日1ℓ以上のニンジン・リンゴジュースを飲んで、さあ手術ということで、大学病院へ入院して手術前の検査をしたら、ガンが消えていた、とのことでした。

また、会社社長で60歳のMさんは、血便と腹痛のため都立の病院を訪れ、内視鏡検査の結果、大腸ガンで即手術を宣告されましたが、「手術はしたくない」と拒否したところ、「それなら、うちでは責任をもてません」と受診を拒否されたので、毎朝、ニンジン、リンゴ、キャベツのジュースを500ml以上飲み、食事も玄米食に切り替え、長時間のウォーキングを行ったところ、血便も出なくなり、もう10年以上、元気に過ごされています。

35歳のGさんも睾丸の腫瘍(しゅよう)のため、両側睾丸を手術し、その後、肺に転移しましたが、ニンジン、リンゴ、キャベツのジュースを毎日1ℓ飲み、食事は二食の玄米食にしたところ、転移したガンも消失し、もう10年近く元気に生活しています。

もちろん、ニンジンジュースさえ飲めば、ガンがすべて治るなどとは言いませんが、治る可能性を秘めた一つの自然療法とは言えるでしょう。』


石原先生の著書で紹介されている方々は、ニンジンジュースでガンが改善されましたが、以前ご紹介したS.Iさんのご友人や和田正雄さん、徳田三保子さんの娘さんなど7名の方々が、無農薬人参ジュース「パイビタン」を飲むことでガンが改善されたことと同じ事例かと思います。


パイビタンはパイシステムで処理されていますので、一日コップ半分でも効果があると思われます。パイシステムで処理されたニンジンジュースは、人間の生体水に近くなるため、吸収が良く、少量でも効果があると推測されます。
また、無農薬人参には天然の抗ガン剤である「サルベストロール」が豊富に含まれているため、ガンを改善させたとも言えます。


  

16:52
2022/02/10

大きなカブを収穫しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220205カブ畑

昨日は気温が上がらず寒い一日でした。

巨大なカブを採りました!
今季一番の大物です。



  220205めえちゃんとカブ

あまりの大きさに愛犬も驚いているようです (^^♪
直径22センチ、重さは4.4Kgありました。



  220204カジキ

妹が遊びに来たので、家内がカジキマグロを焼いてくれました。
今回は甘辛ではなくカレー風味でした。
これもイケますね。

  220205湯豆腐

定番の湯豆腐です。



  220205カニ

カニは私がさばきました。
切れ目を入れたので、食べやすいです。



  220205妹からどら焼き

妹が赤坂で買ったどら焼きを持ってきてくれました。
たまには甘い物もいいですね。


16:45
2022/01/10

綺麗な手作りお節料理

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220101前橋

昨日はさほど寒くはなかったですが、風が強かったです。




  220104萌夏さん

野菜セットをご愛顧いただいている方から、お正月の料理の写真をお送りいただきました。
「お正月の料理にひふみ野菜をフル活用しました」とのことでした。

我が家は市販のお節料理を買っているのですが、手作りのお節料理は全然違いますね。
野菜たちも立派な料亭のような料理になって、喜んでいるようです (^^♪

来年のお正月は手作りお節料理にチャレンジしたいと、今は思っています。できないかもしれませんが。 

19:07
2022/01/10

農薬が不検出の玄米  つくば分析センター

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン



  163
  



  米分析結果1

つくば分析センターで今年の新米を分析してもらいました。
250種類の農薬を検査してもらったところ、全く農薬は検出されませんでした。

農薬を使用せずに栽培したのですから、農薬が検出されるはずはないのですが、正式な試験結果報告書をもらうと嬉しいものですね (^^♪




  米分析結果2




  米分析結果3

改めて沢山の種類の農薬があることが分かりました。
農薬は使ったことがないので、名称は知りませんが、殺虫剤や殺菌剤なのでしょうね。

「新しいガンの治療法」という本には、農薬を使用して栽培すると、天然の抗がん剤であるサルベストロールが野菜やお米から無くなってしまうとありました。

その本には、週に1,2度でもいいので無農薬野菜・米を食すと、ガンになりにくいとありました。
毎日無農薬野菜やお米を摂ることは難しいですので、たまに食べるとよいかと思います。
パイビタンや無農薬サプリを飲むのもいいでしょうね。


  41685507_921145691412549_3246867401714696192_n

17:56
2022/01/01

明けましておめでとうございます  2022年元旦

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  220101富士山


明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

先ほどテレビで富士山のご来光を中継していました。
今年も良い年になりそうですね (^^♪



  220101初日の出

7時20分の前橋の初日の出です。


  
  220101赤城山

昨日の赤城山は雪はなくなっていました。
手前の枯れ木みたいのが菊芋です。



  220101前橋

前橋はほとんど雪は降りませんが、風は強いですね。


  220101ブロッコリー

昨日は自宅用の野菜を収穫しました。
ブロッコリーやキャベツ、人参、ジャガイモ、大根、白菜、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜、春菊、長ネギなどを収穫しました。

お正月に食べる分になります。


  220101洗車

自家用車と軽トラを洗車しましたが、外気が4℃だったので、とても寒かったです。
車も綺麗になりました (^^♪


  220101かにご飯

家内がカニご飯を作ってくれました。
カニで出汁をとって、炊き込みました。
これはウマいですね!

  220101鍋

東京から妹夫婦が泊まりにきたので、卓上コンロで湯豆腐を作りました。


  220101小松菜

小松菜のお浸しと白菜・大根の漬物もいいですね。

  220101サラダ

採りたてのブロッコリーとレタスは美味しいです。


  210101刺身




  

  220101ホタテ
 
妹夫婦とワインやウィスキーを飲みながら、楽しく過ごしました (^^♪
2021年はとても良い年でした。

今年も創造的な発展ができるよう努力していきたいと思います。

人に優しく、動物や虫にも優しい日々を送りたいと考えています。

良い一年にしていきたいですね。  



16:46
2021/12/27

年末年始はお休みさせていただきます 12月28日~1月4日まで

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

 

 

いつもお世話になっております。

年末年始の休暇は以下になります。

12月28日(火)~1月4日(火)


2022年1月5日より営業をいたします。


ショッピングサイトからのご注文については休みはありませんが、発送は1月5日からにさせていただきます。

 

今年も大変お世話になりました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。


良い年をお迎えください。

 

 


15:18
2021/11/29

親、子、孫の三世代で育つ里芋

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211112畑第一

昨日も良い天気でした。
日本弥栄の会
の会員さんが農作業のお手伝いに来てくれました (^^♪



  211112大根

9月に種まきした大根が収穫を迎えました。

先週から野菜セットに入れています。
昨日の野菜セットの内容は、
大根、キャベツ、小松菜、チンゲン菜、里芋、春菊、ミニ白菜 でした。


  211112レタス

レタスが大きくなりました。今の時期は生で食べる野菜が少ないので重宝しています。


  211112長ネギ

この時期になると長ネギの味が濃くなってきます。鍋では特に美味しいですね。


  211112おでん

昨日は家内がおでんを作ってくれました。

畑で採れた大根やジャガイモも入っています。
おでんの素を使わずに、昆布とアゴ出汁で作ったそうです。
とてもいい味です (^^♪


  211112夕飯1




  211112とろろ

とろろはご飯が進みますね。

  211112マグロ照り焼き

マグロの照り焼きは美味しいですね!


  211112里芋

畑で採れた里芋の甘辛煮です。
「かしら」という里芋の親芋を使いました。   

里芋は最初に親芋が大きくなります。その後子芋ができ、子芋から孫芋ができてきます。
里芋は土中では、親、子、孫の三世代で育ちます。

親芋は直径が10cmくらいと大きいせいか、スーパーなどでは売っていませんね。
親芋は味が濃いのが特徴です。農家の楽しみですね。


05:56
2021/11/29

ブロッコリーが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211125ツツジ

二週間続いた小春日和も終わり、気温が低くなってきました。
水戸では初氷が張ったそうです。

庭のもみじが紅葉していました。
  211125ブロッコリー

ブロッコリーが8㎝くらいに大きくなってきました。
10日後から収穫したいと思います。

  211122キャベツ

キャベツも元気に成長しています。

  211125湯豆腐

火曜日から日本弥栄の会の会員さんが、泊まり込みで農作業のお手伝いに来てくれました (^^♪
玉ねぎの苗の移植や落花生を掘っていただきました。

だいぶ気温が下がってきたので、夕飯は湯豆腐にしました。
これからは鍋物がいいですね。


  211125海鮮炒め

海鮮野菜炒めは香りがいいですね!

  211125里芋

先週掘った里芋の甘辛煮です。
よく乾燥させてあるので、あまりぬめりはありません。

  211125ナムル

今が旬の小松菜のナムルです。
ゴマの香りがなんとも言えません。

  211125サラダレタス

そろそろ最後になるレタスです。
10月に採ったカボチャがあったので、カボチャサラダにしました。

  211125大根漬物

大根の漬物もさっぱりしています。

  211125刺身

いつも野菜ばかりなので、刺身にしてみました。

  
211125すじこ

すじこは美味しいですね (^^♪
ご飯にもお酒にも合います。

昨日は近所の障がい者福祉事業所の皆さんも、お手伝いに来てくれました。
多くの方々からご協力をいただき、とても有難く思います。


05:49
2021/11/29

秋の収穫祭が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211107収穫祭5

昨日は秋の収穫祭を開催しました。
天気も良くて、畑にいると気持ちいいと皆さん喜んでいました。




  211107収穫祭8

静岡や三重から参加された方もいます。


  
  211107収穫祭11

日本弥栄の会の皆さんがうどんや蕎麦の準備をしてくれました。
畑から抜いたばかりの長ネギを切って、薬味にします。


  211107収穫祭4

昼から恒例のうどんを召し上がっていただきました。
無農薬で育てた小松菜や白菜、長ネギ、大根おろし、新生姜甘酢漬けなどをトッピングして、最後にお好みで柚子をかけていただきました。

 
  211107収穫祭6

日本弥栄の会の会員の皆さんがお手伝いしてくれたお陰で、たくさんの皆さんに喜んでいただきました。

  211107収穫祭3

豆を自分で引いて淹れてくださったコーヒーは、香りがとても良かったです (^^♪
今まで飲んだコーヒーで一番美味しいと皆さんが言われていました。

3つのお祝いがあったので、会員さんがケーキを注文してくれました。
フルーツタルトとフルーツケーキは、甘さが丁度良く、とても美味しかったです!


05:41
2021/10/23

菊芋の花が咲きました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211003菊芋2

菊芋が大きくなってきました。
今年は4メートル以上のものもあります。
今までで一番大きいです。




  211003菊芋

菊芋の花が咲きました。菊の花と同じですね。
来月収穫となります。



  211003キャベツ

日本弥栄の会の皆さんに定植していただいたキャベツが大きくなってきました (^^♪
来月から収穫となります。



  211003白菜など

先日播いた白菜と小松菜、チンゲン菜、ほうれん草が少し大きくなりました。
白菜は12月の収穫になります。


これからはあまり雨が降らないので、作業がやりやすくなります。
11月も良い天気が多いので助かります。
 



17:36
2021/10/23

値上げの秋

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211008雲6

昨日はとても良い天気で、農作業がはかどりました。

作業を終えて自宅に戻ると、家内が「すっごく綺麗な鳳凰が出てるよ!」と言いました。
空を見上げると、大きな鳳凰が羽ばたいていました。



  211008雲3





  211008雲1






  211008雲5

たくさんの鳳凰が現れました。
あまりに見事なので、しばらく見入っていました。

とてもさわやかな気持ちになりました。


最近はコロナも一段落したようになっていますので、昨晩は飲食店も賑わったのではないでしょうか。
東京の新規コロナ感染者も、このところ50人くらいなので、コロナのニュースは減っています。
一気に1/10に減ったので、安心する人と不思議に思う人がいます。
選挙が近いので、政府のイメージアップのためPCR検査を減らしたという人もいます。
そういうこともあるかもしれませんね。

反対に多くなったのが、旅行の広告です。
2年間制限されてきたので、旅行関係の会社も大赤字です。
国民も旅行へ行きたいと思っているので、観光は盛り上がっていますね。
海外旅行はまだ制限されていますが。


また、最近は値上げが気になります。
小麦やパン、うどん、お菓子、コーヒー、マーガンリンなどが値上げされました。
電気やガス、電話料なども値上げされましたね。
ガソリンも160円/㍑以上とかなり高くなっています。

中国では石炭が高騰しているため、停電も発生しています。
日本だけでなく世界的にインフレ傾向になっています。
おそらく2年間はインフレ傾向が続くと思います。

アメリカは経済が落ち込んでいますが、QEで資金を投入しているため平静を保っています。
あと2,3年はQEでしのげるとは思いますが、その後は厳しい状況になります。

中国は恒大集団の問題がありますが、敢えて政府は不動産バブルを潰そうとしているようです。
恒大が倒産すれば、欧米にも大きな影響が出ます。中国は自滅政策を行うことで、アメリカ経済に揺さぶりをかけているように見えます。

アメリカや中国が亡びることはありませんが、体制や社会が大きく変わることはあり得るかと思います。


 

17:18
2021/10/23

美味しい手作りエビチリソース

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211008サニー

9月に種まきしたサニーレタスが元気に成長しています。
先週から「お任せひふみ野菜セット」に入れています。

日本弥栄の会の会員さんたちが草取りをしてくれたので、畑が綺麗になっています (^^♪

数年前までは雑草と共生させる農法をやっていましたが、雑草を取った方が野菜の成長が良いので、現在は雑草は取り除いています。
ただ、ハコベなどは残す場合もあります。




  211008春菊

春菊が最盛期を迎えました。
春菊は独特の香りのため、苦手な方もいますね。
反対にこの香りが大好きという方も多いです。

初めてパクチーを食べた時は、食べられませんでしたが、美味しいトムヤムクンを何度が食べている内に、パクチーが食べられるようになりました。
人間は慣れるものですね。

  211007エビチリ

家内がエビチリソースを作ってくれました。
ネットにあるレシピを見て作ったそうです。

チリソースの素を使わず、ひふみ農園のニンニクや生姜、ケチャップ、豆板醤などで味付けしたそうですが、中華料理のお店のものと遜色ない味に仕上がっていました (^^♪
むしろお店の味よりも美味しいと感じました。

チリソースの素を使わなくても作れるものですね。
たいしたものだと感心しました。



  211007マーボー豆腐

こちらのマーボー豆腐は三育フーズさんのマーボー豆腐の素を使いました。
ひき肉は大豆ミートで代用されています。
豆板醤を加えるとお店の味に近くなるかと思いました。

中華でもイタリアン、和食でも自分で作ることができますね。

17:10
2021/10/23

大根の緑が鮮やかです

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211013キャベツ

日本弥栄の会の会員さんたちが定植してくれたキャベツが元気に成長しています。
11月中旬から収穫となります。





  211013大根

9月に種まきした大根が大きくなってきました。
緑が鮮やかですね。


昨日、今日と一日中雨が降っています。
一昨日は28℃と暑かったですが、今日は最高気温17℃とかなりの気温差です。

雨でも野菜セットの発送があるので、雨合羽を着て作業しました。
農業では雨は必要ですが、何日も続くとちょっと厳しいですね。

明日は良い天気なので、たまっている作業をやりたいと思います。



  211013里芋に

今が旬のひふみ農園の里芋を家内が煮てくれました。

頭という里芋の根っこの部分が何とも美味しいです (^^♪
普通の里芋よりも濃厚ですね。
市販では売っていないので、農家ならではの楽しみです。



  211013エビチリ

前回のエビチリがあまりに美味しかったので、また作ってもらいました (^^♪
聘珍楼に負けない旨さです。


  211013サラダ

今が旬のサニーレタスと玉ねぎだけのシンプルサラダです。
さわやかな味です。






  211013夕飯


 

17:04
2021/10/23

元気な人参と長ネギ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  211007人参

人参が元気に成長しています。
葉がとても綺麗です。




  211014人参

人参を沢山採りました。
野菜セットには土付きでお送りしています。
パイビタンの原料にも使っています。




  211014長ネギ

長ネギも収穫しました。
今日は良い天気だったので、野菜もとても喜んでいるようでした!
雨も必要ですが、太陽も大切ですね。

雨が降って、快晴になると野菜がグングン成長します。


  211014サバ

今日の夕飯はサバの味噌煮でした。
ウチの生姜で臭みを抜きました。

無農薬味噌はとても合いますね (^^♪




  211014ナス

秋ナスは味が濃くなりますね。
柔らかくて、何とも言えぬ美味しさです。



  211014ナス煮

こちらはナスの煮浸しです。
同じナスでも違った味わい方がありますね。



  211014夕飯




16:58
2021/10/23

日本弥栄の会の皆さんが農作業のお手伝いに来てくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  草取り32101017

10月17日(日)は東京や埼玉、静岡から日本弥栄の会の会員さんたちが農作業のお手伝いに来てくれました。

あいにく小雨が降っていて、雨合羽を着ての作業となりました。
今まではほとんど雨が降ることはなかったので、7年ぶりに雨合羽を着ました。
Gさんはずっとしまっておいた雨合羽を、初めて着たと言っていました。




  草取り2211017

皆で白菜の草取りをしてくれました。
この頃には雨も上がり、薄日が差してきました (^^♪
作業をしながら、色々な話しをするのも楽しみですね。



  第7211017

昼頃には晴れ間が見えてきました。
前橋市街が雨で浄化され、とても綺麗に見えました。



  第7白菜211017

皆さんのお陰で、畑がすっかり綺麗になりました (^^♪
白菜や小松菜も嬉しそうです。

その後は皆で近くの富士見温泉へいきました。
露天風呂は気持ちよかったですね!

風呂上りには、皆でビールやソフトドリンクで乾杯です。
枝豆やポテトフライなどのおつまみを食べながら、楽しくお話ししました。
気の合う仲間とお話しをするのは楽しいですね。

16:51
2021/10/03

美味しい新米が実りました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  20161014までのすべてのデジカメデータ 080




   稲1809082

今年も新米が実りました。
天候不順でしたが、思った以上に良く育ちました (^^♪

  41685507_921145691412549_3246867401714696192_n

10年以上、無農薬・無化学肥料で栽培しています。

草取りなどの作業は手作業なので手間がかかりましたが、ボランティアの皆さんのお陰で豊かに育ちました (^^♪

1万年前の縄文時代は田んぼではなく、野菜のように畑で栽培していました。
陸稲(りくとう、おかぼ)と呼ばれています。
以前は陸稲を栽培していましたが、現在は田んぼで育てています。

エネルギーが詰まった新米は、10月4日からご提供します。



17:45
2021/10/03

日本弥栄の会の会員さんが農作業のお手伝いにきてくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210924徳田さん

昨日から日本弥栄の会のTさんが、農作業のお手伝いに来てくださいました。




  210925人参

Tさんの頑張りで人参の畝がすっかり綺麗になりました (^^♪




  210925キャベツ

先週日本弥栄の会の会員さんたちが定植してくれたキャベツが、大きくなってきました。
11月から収穫になります。

  ブロッコリー210925

ブロッコリーも大地のエネルギーで元気に育っています。
日本弥栄の会の皆さんのお陰で、とても畑が綺麗になっています。

11月7日の収穫祭ではたくさんの野菜が元気に育っていることと思います。


Hさんは、いつも素手で草取りや野菜の定植をしていますが、アーシングしていることになります。
アーシングは足だけでなく、手でもできます。
裸足で農作業をしてもいいですが、素手でやる方がラクだと思います。

  210925すき焼き

家内がすき焼き風の煮物を作ってくれました。
これは美味しいですね (^^♪
キノコと長ネギ、しらたき、厚揚げなどですが、肉無しです。



  210925煮浸し

ナスの煮浸しもとても美味しいです。


  210925サケ

スーパーのサケは塩気が少ないのですが、これは昔の塩引きのような辛口で、なんとも美味しいです。
村上のサケのようでした。




  210925ジャガイモ

ジャガイモの甘辛煮もいいですね。


  210925夕飯



  210925サツマイモ

サツマイモを甘く煮てくれました。
お菓子のようでした。


 

15:40
2021/10/03

65歳以上人口が29%超に

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


<朝日新聞より転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

総務省は20日の敬老の日に合わせ、2015年の国勢調査を基にした高齢者の人口推計を公表した。65歳以上の人口は前年より22万人増えて3640万人、総人口に占める割合(高齢化率)は29・1%となり、それぞれ過去最高を更新した。政府が「生涯現役社会」を目指す中、高齢者の就業率は25・1%と初めて「4人に1人」に達した。

 高齢者の女性は2057万人(女性人口の32・0%)、男性は1583万人(男性人口の26・0%)。1947~49年生まれの「団塊の世代」を含む70歳以上の人口は2852万人(総人口の22・8%)と、前年より61万人増えた。

 30%に迫る高齢化率は世界最高で、2位のイタリア(23・6%)、3位のポルトガル(23・1%)を大きく上回る。

 高齢者の就業者数は17年連続で増え、906万人と過去最多を更新した。就業率も9年連続で上昇して25%を超えた。日本は主要7カ国(G7)の中では最も高齢者の就業率が高い。

 就業者全体に高齢者が占める割合も、過去最高の13・6%になった。産業別に見ると「卸売業、小売業」が128万人と最も多く、次いで「農業、林業」が106万人、「サービス業(他に分類されないもの)」が104万人で続いた。

 働き方は、パート・アルバイトなど非正規の職員・従業員が7割を超える。その理由について、男女ともに3割を超える人が「自分の都合のよい時間に働きたいから」と答え、最も多かった。一方で、「家計の補助などを得たいから」と答えたのは女性で2番目(21・6%)、男性で3番目(16・2%)だった。

 政府は「生涯現役で活躍できる社会を創る必要がある」とし、高齢者の就労を進める一方で、高齢者に新たな医療や介護の負担を求める社会保障改革を進めている。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、高齢化率は今後も上昇を続け、71~74年生まれの第2次ベビーブーム世代が65歳以上となる40年には、35・3%になる見込みだ。(小泉浩樹)

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本では65歳以上の人口が、全体の29%を占めるそうです。
日本は世界一の高齢化社会で、2位はイタリアです。

高齢者の25%はパートやアルバイト、自営などで仕事をしているとのことです。
65歳、70歳といっても、昔と違い元気な人が多いので、働きたいと思う人は多いと思います。

60歳で定年になり、その後再雇用で65歳まで働く人は多いですが、さらに働こうという場合は、どこかの会社に勤めなければなりません。

東京でサラリーマンをやっていたころは、夕方になるとオフィスを掃除する人たちがやってきますが、高齢の人が多かったですね。
また、マンションの管理人や飲食店の調理なども高齢の人を見かけます。

近所の農家はほとんどが70歳以上で、中には80代の超ベテランも頑張っています。
農業は65歳以上が全体の70%を占めているので、ほとんどが高齢者です。

また、手に職を持っている人は何歳になっても楽しそうに働いています。
いつもお世話になっている床屋さんは30代のお孫さんと、80代のおじいさんでやっています。
昔からの馴染みのお客さんはおじいさんが担当しています。
昔は横浜の関内の床屋さんで働いていたと言ってました。

仕事をしていると張り合いがあるので、それなりに楽しいでしょうね。
高齢になっても何か趣味などがあれば、それも楽しいですね (^^♪




・朝日新聞
 

15:36
2021/10/02

日本弥栄の会の皆さんが農作業のお手伝いに来てくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210919後藤さん

台風が去り、昨日は良い天気になりました。
久しぶりに日本弥栄の会の会員さんたちが、農作業のお手伝いに来てくれました。

長雨で雑草が繁茂していたので、人参や春菊の畝の草取りをしていただきました。

雨の合間を縫って、草取りはしていたのですが、面積が広いので追いつきませんでした。
昨日は7名の方が手伝ってくれたので、とても綺麗になりました (^^♪

その後はジャガイモの植え付けやキャベツの苗の定植をしていただきました。
30℃と暑かったですが、毎日雨だったので、とても気持ちよかったです。


14時半に作業を終えて、皆さんは前橋駅前の日帰り温泉へ行きました。
緊急事態宣言なので、ビールなどはありませんが、ソフトドリンクで乾杯です。
日月神示や農業の話しで盛り上がりました (^^♪



 

05:55
2021/10/02

久しぶりに晴れました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210909雲2

昨日は久しぶりに晴れました (^^♪
綺麗な青空と雲を見るのも12日ぶりです。





  210909雲

面白い雲がありました。



  210909バッタ

毎日雨だったので、バッタが日向ぼっこをしていました (^^♪

長雨と低温で野菜は元気がありませんが、昨日はたっぷり光合成ができました。

雨で農作業が遅れていたので、昨日は一日中作業をしました。
大根や白菜の種まきをしましたが、草取りなどはまだまだたくさん残っています。
今日は曇りの予報なので、一日中作業を行いたいと思います。

農業を10年以上やってますが、自然相手の仕事なので、変化が多いですね。
簡単にまとめてみました。


農業の良い点
・自然相手なので、様々な発見があり、仮説、検証、考察がしやすい
・農業は野菜を作るので、創造の喜びがある
・一人で作業することがあるので、ゾーンに入りやすい。
・農園はエネルギーが高いので、居るだけで元気になる
・無農薬野菜をいくらでも食べられる
・体を動かすのが仕事なので、太らない
・比較的伸び伸びできるので病気にならない。心身ともに健康である
・野菜が美味しいので料理が楽しい
・家族で野菜やお米の話しができるので楽しい
・トンボやチョウチョ、バッタ、クワガタ、ミツバチなどいるので楽しい
・自分の都合で休みや時間配分を決められる。融通がきく
・通勤時間が5分なのでラク。東京にいたころは往復2時間半

良くない点
・長雨、台風、大雪、日照りなど自然相手なので、野菜がダメになってしまうことがある
・農業だけでは収入が少ない。なので二代目、三代目は農業を継がない。外国のように国が農業を資金 
 的に守ればいいのだけど
・夏場はキュウリやナスがドンドン採れるので、休みが取りにくい。冬場はOK
・雨の時は作業が大変

色々な仕事をやってきましたが、それぞれ楽しかったです。
良い思い出もたくさんあります。
今やっている仕事を全世でやれば、どのような仕事でも創造的にやれると思います。
日月神示に「仕事命ぞ」とありますが、そう思います。


  
210909ナス田楽


家内が無農薬味噌と無農薬砂糖でナスの味噌田楽を作ってくれました。
市販の味噌でも美味しくできます。
  210909カレイ

カレイの煮付けは本当に美味しいですね (^^♪


  

  210909 夕飯


美味しいものを食べながら家族で話しをするのは楽しいですね。

 

05:49
2021/10/02

松葉粉末を製造中です

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210906少し晴れ

昨日も朝から小雨が降っていました。
11時半ころから突然雷雨になりました。
1時間半も豪雨が続き、あっという間に道路が川のようになりました。

28年ぶりの低温が続いているため、野菜に影響が出ています。
同時に一週間も雨が降り続いているため、農作業が進みません。
そのうちテレビなどでも野菜高騰というニュースが流れると思います。
野菜は天候次第なのでしかたないですね。

「玉響」に松葉粉末を製造していることを書いたところ、問い合わせ
が来ています。

in Deepの岡さんが、松葉にはコロナを抑制する効果があり、コロナワクチンの害も阻止することができると書かれたため、松葉粉末の問い合わせが増えたのだと思います。

一年半前から庭にある松葉を粉末にして飲んでいるので、それを記事で書きました。
その後、コロナが流行ってきて、松葉がコロナにもワクチンにも効果があるとのことで、注目を浴びています。

幸運なことに、近くの松林の持ち主が松の葉を提供してくれることになりました。

1年半前から飲んでいた松葉粉末がコロナとワクチンに効果があるというのも、面白い縁起だと思いました。
人生万事塞翁が馬ですね。



05:28
2021/09/15

人参の草取りを行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210903ナス

昨日も雨の一日でした。
前橋市街もかすんでいます。


  210903人参草取り

雨合羽を着て人参の草取りを行いました。
今の時期に草を取っておかないと人参が負けてしまい、大きく育ちません。

ひたすら草を取っていると、頭が空っぽになってきます。
ゾーンに入るような感じですね。



  210903ペンネ

夕飯はペンネでした。
最初にニンニクを炒めますが、香ばしいかおりが何ともいえませんね!
次にアサリやイカ、エビを炒めます。
魚介のエキスが全体に染みわたり、美味しさをアップさせます。
そして畑で採れたトマトを湯剥きして炒めます。


  210903トースト

家内がピザトーストも作ってくれました。
畑で採れた赤いピーマンが甘くて美味しいです。
あまり小麦粉は食べないのですが、昨日は小麦料理三昧でした。

お腹いっぱいです (^^♪

  210903トマト





  210903夕飯







 

17:34
2021/09/15

季節が移り、野菜の種類も変わります

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210826二十日大根

二十日大根が発芽しました。
一ヶ月で収穫できます。
栽培はわりと簡単なので、プランターや自宅の庭でやってみるのもよいと思います。

今の時期は種まきには最高の時期ですね。
農家を始める前には、自宅の庭やプランターで色々と栽培していました。

キュウリやトマト、ピーマン、ジャガイモ、ブロッコリー、人参などを収穫しましたが、スーパーの野菜と味が違うのには驚きました。
農薬や化学肥料を使わないで育てると、野菜自体がこんなに美味しいんだな、と感心しました。


  2009年6月パイシステムで成功国分寺の自宅トマトジャガイモ 009

2007年の5月頃の写真です。
左がジャガイモ、右がトマトです。
とても元気に育っていますね (^^♪

美味しい野菜が食べられるので、家族もとても喜んでいました。


今日からまた雨模様のようですね。
来週火曜日までは雨で作業がやりにくくなりますが、野菜にとっては比較的良い雨になると思います。
夏から秋へ季節が移っていきます。
野菜も変わっていきますね。

キュウリは終わってしまいましたが、ナスやトマト、ピーマンはまだまだ元気です。
来週から人参やゴボウを収穫する予定です。
実りの秋、食欲の秋ですね。

17:31
2021/09/15

「ザ・フナイ」に対談が載りました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  ザフナイ210827

「ザ・フナイ」10月号に舩井社長との対談が載りました。
6月に舩井本社さんで対談を行いまして、昨日発売されました。

対談は日月神示や農業、当農園で製造された糖尿病改善サプリメントや人参ジュースなどの内容になっています。

最初の部分をすこしご紹介します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 舩井 今回は「ひふみ農園」でパイシステム農業資材を活用した無農薬栽培の野菜を育て、サプリメントやグルテンフリークッキーなどさまざまな新商品を開発し、人々の健康のため尽力しておられる横堀幸一さんにお話をうかがいます。久しぶりにお会いして、すっかり農業をされている方らしくなっていて驚きました。日焼けといい、なんというか土のにおいがする感じになりましたね。

 

横堀 家内も言っていましたが、以前は制服のように毎日スーツを着ていたのに、今着ると、自分で見てもまったく似合わなくなりました。作業着は自分でも似合っていると感じるのですが(笑)。

 

舩井 以前お会いしたのはリーマンショック(2008年)のころでしたか。中矢伸一先生の講演会後の親睦会でお目にかかり、いろいろお話させていただいたのを覚えています。経営者でいらっしゃったから、話も合ったので印象深く覚えていました。中矢先生や舩井幸雄にそもそも興味を持っていただいたのも、もともとは経営の観点からですよね。どういった経緯だったのでしょう。

 

横堀 そもそもは、居酒屋で社員をしたり自分の店を開いたり、日本語学校の講師をしたり、IT会社の社長をやったりと、なかなか波乱万丈の半生を送っていました。 2008年、舩井幸雄先生の著書『180度の大激変』(徳間書店)を書店で購入して読み、衝撃を受けました。その中で『日月神示』について触れられていたので、興味がわきました。さっそく調べ、「日月神示」について多くの書籍を出版されている中矢伸一先生の存在を知り、中矢先生主宰の「日本弥栄の会」に入会しました。中矢先生の著書に「日月神示は農本主義である」と書かれていて、これだ! と感じたのです。 


舩井 日月神示に導かれるように農業の道へ進まれたのですね。横堀さんはもともと信心深かったのですか。

 

横堀 大学のころにちょっとしたご縁でキリスト教教会の礼拝に参加したり、聖書の輪読会に参加したりという経験はありましたし、高校時代は三木清、カント、ヘーゲル、マルクスなどの哲学書を読んでいました。人生の目的や、この世の真実について知りたかったのです。ところが、いくら哲学を学んでも、深く理解することはできませんでしたし本当のことは掴めませんでした。

 中矢先生の著書はとても興味深く、賛同できる内容が多かった。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの一神教は常に争いが絶えない現実を見て、一神教に対して疑問を抱いていた時期だったので、多神教を受け入れやすかったのもあるかもしれません。

中矢先生の著書『日月神示 この世と霊界の最高機密』(徳間書店)に、こう書かれています。「『天国は霊人のみの住む処ではないぞ。そなたたちも今住んでいるでないか。霊人も現界に住んでいるでないか。現界を離れて天国のみの天国はないのであるぞ。故にこそ、現界で天国を生み出し、天国に住めんものが、死んで天国へ住める道理はないのぢゃ』(「白金の巻」第三帖) 霊界とは、現界と切り離された、遠い空の彼方に位置しているのではなく、今ここに、現界において、われわれと共に存在しているという意味が、おわかり頂けただろうか。現界に肉体を持っている時でも、人は同時に霊界にも生きている。また死後に霊界に赴いても、現界との関係は切れない」

 キリスト教では、現界が苦しいものであっても、良いことをすれば天国に行けると教えられましたが、これを読むと、現界で天国に住んでいなければ、死んでも天国へ住むことはできないことが分かります。現状が不平不満だらけで、不幸だと感じているのであれば、天国へは行けないということになります。これは大きな衝撃でした。まずは日月神示で言われていることを、一つ一つ実行していこうと考えました。日月神示を読み、自分の行いをチェックし、反省すべきところはできるだけ直していこうと思いました。

 日月神示は、理論として学んでいるだけでは身に付きません。頭で理解するだけでなく、日々の生活の中で実践をすることが大事なのだと気付かされたのです。『完訳 日月神示』(ヒカルランド)と中矢先生の著書を学んでいくうちに、少しずつ腑に落ちるようになりました。

 

舩井 難解な日月神示を完訳された中矢先生はすごい方ですよね。それまでにも手掛けられた方はおられましたが、エネルギー的に見て、強いけれどバランスが崩れていたように感じます。中矢先生の『完訳 日月神示』はしっかりバランスが取れている。

 中矢先生と父舩井幸雄は、非常に強いご縁があったとかねてから思っていました。父は中矢先生のことが大好きでしたし、魂がつながっていると感じていました。実は私は、中矢先生は舩井幸雄の息子として生まれてくる予定だったのが、舩井家に生まれないほうがしっかり活動できるから、直前に予定変更になったのではないかと思っているのです。

 

横堀 中矢先生も、舩井先生が亡くなって心に穴が開いたようだとおっしゃっていましたね。体調を崩されたりもしていました。それだけ舩井先生の存在が大きかったと、著作にも書いておられました。特別な因縁があったのは確かでしょうね。

 

舩井 親子としてではありませんでしたが、日月神示を通して二人が出会うことができてよかったと思います。日月神示は、これから世の中にどのように活用されていくのでしょう。

 

横堀 日月神示には物事の真理が書かれています。今までの時代は神を信仰して、何かにすがって生きていくのが普通でしたが、それを超えて、自分自身が神の分御霊(わけみたま)であることを自覚する必要がある、という記述は何度も出てきます。

 

舩井 2500年前の人にはそんなことを言っても理解ができないから聖書にも仏教の経典にも書かれなかった教えが、今、これだけの大変容の時代を迎えた我々であれば、ようやく受け止められるから、おろされたのが日月神示だと感じています。

 

横堀 唯一絶対の神がいて、上と下の関係性で生きるのではなく、一人一人が小宇宙であり、創造していけるエネルギーをそれぞれが持っている。最近よく言われる「自助」もそうです。日月神示に「為すにはまず祈らねばならんが、そなたはそなたの神にのみ祈っているぞ。為すのは己であるから、己に祈らねばならんぞ。己に祈りた後、己が為さねばならんぞ」とあります。「仕事は神が与えたり、人が与えてくれるのではないぞ。自分自身が仕事にならねばならん。この道理さえ判れば、失業はないぞ。自分が仕事ぢゃからのう」という記述も。これからの新しい生き方を示す教えが、日月神示にはぎっしり詰まっているのです。

 

舩井 私たち一人一人が、神と同じだけの責任感を持って生きるべきであると示唆してくれているのですね。スピリチュアルと現実世界のバランスを保ちながら、ちゃんとそれを実現して示されたのが中矢伸一先生であり、それを見出したのが舩井幸雄であり、だからこそあの二人には絶対の信頼があったのだなとわかります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


17:25
2021/09/15

依存性が高い食品 ラーメン、チョコレート、ポテトチップスなど

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

<yahooニュースより転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一度食べだすと歯止めがきかなくなり、気がつけばスナック菓子を1袋ぺろりと食べてしまう。そんな経験はないだろうか。お腹がいっぱいのはずなのに、「もっと食べたい」と食べ物に手が出てしまう。これが依存の怖いところだとアメリカ在住の内科医・大西睦子さんは警告する。

「食べることがコントロールできなくなることを『食物依存症』といいます。単なる食べすぎとは違って、ここでいう危険で注意が必要な食べ物とは、習慣的に食べすぎてしまい、さまざまな健康被害を引き起こすものを指します」(大西さん・以下同) 大西さんによると、食物依存症はアメリカで深刻な問題になっており、“中毒”になりやすい危険な食べ物の研究調査も積極的に行われているという。「2015年に科学雑誌『PLOS ONE』で、米ミシガン大学による研究が発表されました。18才から23才までの男女120人を対象に食物依存症の調査を行ったところ、全体の7%はなんらかの食品に対して依存しており、残りの約92%は『食べたい』という願望が必要以上に強く、やめたくてもやめられない食べ物があることがわかりました」 同大学は、さらに18才から64才の参加者を対象に、さまざまな栄養成分を持つ35種類の食品リストから、食物依存症になりやすい食品を調査した。ランキングを見ると、1位はピザ、2位はチョコレート、3位はポテトチップス、4位はクッキー、5位はアイスクリームと続く。一方で、きゅうり、にんじん、豆、りんご、玄米といった食品は依存度が低かった。自然の状態の食べ物ほど依存度が低く、加工度の高い食品ほど依存の問題があることは、誰が見ても一目瞭然だ。「自然の状態で依存性のある物質というのは滅多に存在しません。たとえば、果物であるぶどうはアルコールであるワインに加工されることで、植物であるケシは麻薬であるアヘンに加工されることで依存度が高くなるのです。同様のプロセスが、加工食品には発生していると考えていい」 危険な食べ物や、それに対する依存性の問題は、海外に限った話ではない。日本人になじみ深い食品にも多く存在する。今回、5人の専門家に話を聞いたところ、全員が「危険」と声をそろえた中毒性の高い食べ物が「ラーメン」だ。 塩分も高く、そもそも体にいいイメージを持っている人は少ないだろうが、それでもやめられないのはなぜか。薬食フードライフ研究家の沢木みずほさんは、スープにその秘密があると解説する。

「特にインスタントラーメンのスープには、昆布、かつおぶし、帆立など、さまざまな食材のエキスが含まれています。これらのエキスは人工的に作られた調味料(アミノ酸など)と同様の『旨み成分』です。人の味覚は、この刺激の強い旨みに慣れてしまうと、天然のかつおぶしや煮干しで取っただしでは満足できなくなり、人工的に作られたエキスの味を“もっと食べたい”と求めるようになります」 インスタントでなければ構わないかというと、そうではない。店で食べるラーメンの中毒性について、糖尿病専門医の市原由美江さんが指摘する。「しょうゆや塩など、いろいろな味がありますが、なかでもリスクが高いのは『とんこつラーメン』です。とんこつは豚の背脂を煮込んだスープが特徴ですが、動物性脂肪と麺に含まれる糖質を一緒に摂ると、血糖値が急激に上がります。すると、血糖値を下げるためにすい臓からインスリンが分泌される。 しかし、今度は血糖値が下がりすぎて、脳がすぐに空腹を感じ、本当にお腹が空いているわけではないのに食べたい欲求が抑えられなくなります」 動物性脂肪と糖質の摂りすぎは肥満の原因となり、あらゆる生活習慣病を引き起こす恐れがある。ラーメンが日本の「国民食」と呼ばれるゆえんは、その中毒性の高さゆえかもしれない。 とはいえ、依存性の高いものだからといって、一度食べただけでは食物依存症にはならない。大切なのは、習慣化しないことだ。大西さんはいう。「カップラーメンを毎日食べていたら依存リスクは高まりますが、逆に言えば、回数が少なければ依存リスクは減少します。嗜好品として週1回程度なら食べても問題ありません」(大西さん) 危険な食べ物を食べる頻度を減らし、果物や野菜など原形が見えるものを多く食べることが中毒から逃れるコツだ。管理栄養士の麻生れいみさんが言う。「加工食品の中毒になっている人は、自然の状態の食材をなるべく手を加えずに調理し、よく噛んで味を理解できるようになるトレーニングが必要です。 また、加工食品は栄養が極端に偏っているため、加工食品を好んで食べる人は栄養不足のことが多い。体に足りない栄養を求めて食欲が働きますが、さらに加工食品を食べても栄養不足は改善されません。そういう人は、サプリメントなどで不足した栄養を補給すると、中毒状態から抜け出せることもある」※女性セブン2021年9月2日号

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チョコレートやポテトチップス、クッキーなどは確かに依存性があるかもしれません。
家内も甘い物が大好きで、毎日何かしら食べています。少しなら問題はないと思います。

この記事では人工的な食品は中毒になりやすいとありますが、キュウリや大根中毒というのは聞いたことがありません。

逆に考えると、毎日お菓子やチョコレートを食べたくなるように美味しく作られているということです。
これは企業努力ですね。
企業にとっては、毎日チョコレートやクッキーをたくさん食べて、コーラをいっぱい飲んでほしいと考えるのは当たり前です。
ただ、旨味を出すために添加物の使い過ぎはいかがなものかと思います。
添加物とは石油から作られた物質ですので、原料は安価ですが副作用もあります。
意識で無毒化することはできるので、添加物が含まれている食品を食す時は、意識を使うとよいです。

チョコレートやお菓子、ラーメンなどをいつも食べていると、太ることが多いですね。
人工的に作られたものは、自然界には存在しないので、人間の身体は分解しにくいようです。
それで体に溜まってしまい、太ります。
人工的といっても、納豆や味噌、醤油などは、太ることはありません。

農家になって12年になりますが、食生活も野菜とお米中心になりました。
すると65Kgだった体重が2年くらいで58Kgになりました。
その後少しづつ体重が減り、現在は53kgです。
野菜とお米はたくさん食べているのですが、8年間体重は53Kgで安定しています。
ご飯は一日に二合食べるので、誰もが驚きます。
ご飯や野菜を多食しても、太ることはないようです。

それとIT企業や広告代理店に勤めていたころよりも、現在の農作業は体を使うので、太らないということもあります。
また、野菜をたくさん食べているので、血圧も安定しています。
上が約110、下が70くらいです。
家内は上が120と言ってました。

何を食べようが自由なので、ヘンなスコトーマをかけない方がいいと思います。
ただ、太ると体も重いし、服も合わなくなるので、自分としては今が一番合っています。
何より野菜が美味しいので、たくさん食べてしまいます。
有難い環境ですね (^^♪

 ・yahooニュース

17:17
2021/09/15

ナスの葉にカエルが遊びにきていました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン



  210821カエルちゃん

昨日は曇りだったので、さほど暑くはありませんでした。

ナスの世話をしていると、可愛いカエルがナスの葉の上で休んでいました (^^♪
最近は雨が多いので、カエルには良い環境なのかもしれません。

朝晩はコオロギなどの声が聞こえてきます。
秋が近いですね。

  210821種まき

昨日は大根や白菜、小松菜、チンゲン菜、春菊の種まきをしました。
15時ころから遠くで雷が鳴り始め、ポツポツ降ってきたので終了しました。




  210821カレイ 煮付け

水産卸しのお店で買ったカレイを家内が煮付けにしてくれました。
冷凍でも美味しいですが、生なので柔らかいですね。
醤油とみりん、無農薬砂糖、酒で味付けしましたが、とても美味しいです (^^♪
前回の金目鯛もいいですが、カレイも最高ですね。
最後にご飯に汁をかけていただきました。



  210821ツブ貝

ツブ貝も美味しいです。



  210821 夕飯1

自宅の庭のミョウガは、冷奴と焼きナスの薬味として添えました。



  210821焼きナス

とろけるような焼きナスです。


  210821ホイコーロー




  210821夕飯2

毎日美味しいご飯をいただけるのは、幸せですね。
アフガニスタンはタリバン政権になり、また混乱しています。
紛争地域に生まれるのも縁起なのでしょうが、国民は大変な思いをしていると思います。

日本も戦争で辛い経験をしました。
祖父母や両親から戦争の話しを聞きましたが、空襲で亡くなった人も多かったそうです。
食べる物も満足にないため、いつもお腹を空かしていたと言っていました。
 
お米はあまりなかったそうですが、野菜はわりとあったので、野菜ばかり食べていたそうです。

今は良い時代ですが、それなりに問題というものはありますね。
人間の三大苦はお金、健康、人間関係ですが、昔はそれに戦争も加わっていました。

戦争がないだけ今は幸せですが、普段は日常のことで、その有難みも忘れています。
人間は比較することで、現在の幸せを思い出すので、年に一度くらい戦争映画を見るとよいのかもしれません。




17:07
2021/08/21

安くて美味しい海鮮をいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  
  210819空

昨日も真夏の天気になりました。
それでも32℃なので、まだラクでした。




  210820ナス

長雨と低温でもナスは元気です!
毎日「野菜セット」に入れています。
無農薬で味が濃い、とお客さんからはご評価いただいています (^^♪


  210820アワビ1

昨日は息子の誕生会をやろうということになりました。

近所の水産卸しのお店で、息子の好物のアワビを買ってきました。
このお店は安くて新鮮なので、いつでも混んでいます。
空いていることが一度もありません。
こういうのが商売なのでしょうね。
隣の新潟の寺泊から直送しています。2時間くらいで前橋に届きます。

10㎝ほどのアワビ1個で、360円でした。格安ですね (^^♪


  210820アワビ3

海水にいる魚介類には好塩菌がいるので、まず淡水の水道水で軽く洗います。

貝殻から大きなスプーンを使って外します。
この時に肝を傷つけないよう注意します。



  210820アワビ2

食べやすい大きさに切ります。


  210820アワビ肝

肝は30秒ほど茹でます。

以前東京でお店をやっていた時には、アワビや赤貝、ミル貝、発起貝、カキなどをさばいて、提供していました。



  210820カニ汁

ワタリガ二は詰め合わせ1パック、176円と超格安でした!

これもまず、水道水で洗います。
煮込んで、最後に豆腐を入れれば完成です。
ほんの少し無添加のアゴ出汁を入れます。
豆腐を入れる前に、15分くらい煮込むとカニの出汁が良く取れます。

カニの出汁がきいて、最高に美味しいです (^^♪
料亭の味ですね。
これで176円は安いです。安いからさらに美味しく感じるのかもしれませんが。




  210820貝盛

貝盛りも新鮮ですね。
赤貝、ホタテ、ツブ貝、白貝です。
冷凍でなく、生です。赤貝は冷凍を解凍すると色が変わるので、すぐに分かります。
海辺の磯料理屋の味ですね (^^♪



  210820寿司1

本マグロ中心の盛り合わせです。
身が厚くて食べ応え十分です。


  210820寿司2

貝にぎりです。
ミル貝、発起貝、ホタテ、赤貝、ツブ貝です。
ご飯は回転寿司の方が美味しいですね。


  210820寿司3

イカづくしです。新鮮ですね。
函館に行くと、お蕎麦屋さんや普通のレストランでも、いかそうめんがメニューにありました。
薬味はおろし生姜でしたね。



  210820寿司5

イクラ、ウニ、中落ちの軍艦巻きです。
特にウニが美味しかったです。

普段は野菜ばかりなので、たまには海の幸もいいですね。
美味しいものを食べたりしながら、息子の出産のときのことを家内と話しました。
前日に吉祥寺の病院に家内が入院して、翌日の15時57分に生まれました。
その日は高校野球の決勝戦で、徳島の池田高校が優勝したことなども話しました。

家族は一番因縁のある人ですね。
有難いことです。

17:43
2021/08/21

美しい朝焼け

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210819朝焼け2

先ほど、5時前に家内が朝焼けがすごく綺麗だよ、と言いました。
空を見てみると、真っ赤な朝焼けが東の空に広がっていました。

まだ暗いので、鮮明に撮れませんでしたが、輝くような朝焼けです。




  210819朝焼け1

東の空は朝焼けが広がっているのですが、雨が降っていました。
今日も雨でしょうかね。



  210818インゲン

昨日の夕飯では、モロッコインゲンを塩ゆでしました。
味が濃くて美味しいですね。


  210818ジャガイモ

最近の定番のポテトです。
これはすぐに無くなります。


  210818ナス

醤油などをつけなくても美味しい焼きナスです。
後半は生姜醤油を少しつけます。


  210818キュウリ

キュウリと生姜の浅漬けは、さわやかですね。


  210818サラダ




  210818夕飯


 

17:37
2021/08/21

嬉しいお便りをいただきました (^^♪

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210806赤城山

昨日も真夏の暑さでした。
夕方から雨が降り出し、夜中も降っていたようです。

今朝は止んでいますが、これからまた降るようです。
来週の火曜日まで5日間降り続くみたいですね。

今年は秋が早いようです。



  210803子供ピーマン

子どもピーマンが最盛期を迎えました。
肉厚でクセのないピーマンです。




  210812ポテト

昨日も前橋の障がい者施設「あいりんくす」の皆さんが、ジャガイモを掘ってくれました。

掘りたての新ジャガを蒸かして、フライパンで焼きました。
油で揚げてもいいのですが、フライパンだと油の処理をしなくていいので、ラクですね。

このポテトがとても美味しくて、すぐに無くなってしまいます (^^♪

昨日お客様から嬉しいお便りをいただきました。

母が以前テレビで見て、赤城山麓の畑で採れるじゃがいもが美味しいというので、赤城産のじゃがいもを探していました。
ひふみ農園さんのこだわりや皆さんのレビューから注文を即決しました。

早速、ふかし芋にして食べました。ねっとり+ほくほくのたいへん美味しいじゃがいもで大満足です。
みそ汁やフライドポテトなど、楽しみながら大事に食べさせていただきます。ありがとうございました。













17:31
2021/08/21

出雲とはアイヌ語

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210811雲2

夏空に面白い雲が浮かんでいました。



  210811雲1

全国各地で不思議な雲が現れますね。
龍だ、鳳凰だと、勝手に想像するのは楽しいです (^^♪

出雲は雲が出ると書きますね。

須佐之男命が読んだ歌である「八重立つ出雲八重垣、妻籠みに、八重垣つくる、その八重垣を」が地名のもとになったとも言われています。

出雲の語源はアイヌ語だそうです。
縄文人が北海道へ渡り、アイヌになったそうです。

そしてアイヌは全国へ行き、産土神になったとのことです。

そう考えると、北海道から今の島根県に来たアイヌたちは、自分たちをアイヌ語で「出雲」と呼ぶようになったのかもしれません。
北海道にも出雲という地名があるので、このあたりから来たアイヌの人たちの可能性もあります。
「北海道虻田郡倶知安町出雲」


雲はクラウドと言いますが、10年ほど前からIT関係ではクラウドにアクセスするようになりました。
それまでは、各会社ごとにパソコンサーバやオフコン、汎用機を置いて、そこへ各社員がアクセスしていました。
インターネット技術が向上し、光回線が日本中に敷設されることで、基盤が整いました。
いつでもどこでもインターネットに繋がれば、様々なアプリケーションを使うことができます。
便利な世の中になりました。
映画などの動画も家に居ながら楽しむことができます。



  210811お好み焼き

昨日は海鮮お好み焼きでした (^^♪

香ばしくて美味しいですね。


  210811冷やし中華

冷やし中華付きという豪華版です!
手作りなので、とても美味しいです。

  210731焼きナス

焼きナスはトロリとしていて、なんともいえません。


  210811漬物

キュウリと昆布の漬物です。


今日あたりから天気が崩れるようですね。
梅雨のようになるそうです。
今年は秋が早いですね。
 

17:27
2021/08/21

ミロクの世は自分の魂の中にある

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210810赤城山

昨日は台風一過で気温が上昇しましたね。
東京の八王子では39℃という体温越えでした。

前橋も36℃でしたが、湿度が低く、7メートルの西風が吹いていたので、36℃の暑さは感じませんでした。
とはいっても、体力は消耗しますね。
時折秋の風が吹いてきて、季節の変化を感じます。

8月は歴史的な出来事が多い月ですね。
6日、9日に原爆で多くの方々が亡くなりました。
12日は日航ジャンボ機が墜落しました。
15日は終戦です。

終戦を迎えた頃の日本は、原爆や空襲で多くの方々が亡くなり、ボロボロの状態でした。
満足に食べる物もなく、栄養失調の人も多かったそうです。
今のように電気もガス、水道もありませんでした。
エアコンも自動車、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器も当然ありません。

ご飯は火を起こし、釜で炊いていました。
洗濯は全て手洗いです。
家事にかかる労力は相当だったと思います。

パソコンもスマホもありませんから、連絡は手紙です。

こう考えると今は良い時代ですね。
人間というのは、比較しないと感謝できないようです (*_*;
1時間もすれば、また忘れてしまいます。

物理的に便利な世の中になりましたが、自殺者は多いです。
抽象度の低い、ヘンな事件も多発しています。

結局外的なものが便利になっても、心は満たされないということですね。

心が満たされない原因は不安と恐怖です。
そして人間の三大苦が、お金、健康、人間関係です。

ミロクの世は外的なものでは訪れません。
自分の魂の問題だということが分かりますね。

人間は外側に原因を求め、外側を変えようとしますが、変えるべきは自分自身だということです。
人間は自分を変えることはイヤなのです。相手を変えたいのです。
ここがポイントですね。

今日も暑いですが、できるだけ楽しくやりましょう。

 

17:25
2021/08/21

可愛いカミキリムシが遊びにきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210802ピーマン

毎年この時期になると、赤いピーマンが現れます。
ピーマンは熟してくると緑からオレンジになり、そして赤に変わります。
スーパーで買ったピーマンを、冷蔵庫で保存しておいても、赤くなることもあります。

赤くなったピーマンは緑の時より栄養価がかなり高くなります。
・ビタミンC:緑の2倍
・ビタミンE:緑の5倍
・カロテノイド:緑の15倍



また、緑色のときよりも甘味が増すというメリットもあります。



  210802子供ピーマン

これは子どもピーマンです。
子ども専用のピーマンではないので、大人が食べても問題ありません (^^♪

原種はメキシコのハラペノとうがらしで、それを日本で品種改良して、辛さをなくしました。


普通のピーマンの倍以上肉厚です。
ビタミンCやカロテンもピーマンの倍くらい含まれています。
スーパーではあまり見かけませんが、うちの農園では10年前から栽培しています。
    


  210803カミキリムシ2

笹の葉にカミキリムシがいました。
少し遠かったので、ズームして撮影しましたが、ややぼやけてしまいました。

今の時期はカミキリムシやクワガタ、カブトムシが農園に遊びにきます。
昨日はカブトムシ3匹とクワガタ1匹見つけました。
カラスにいじめられないよう、林に帰しました。
トマトを食べていたので、10個プレゼントしました。


農作業中は、 家内が作ってくれるポカリスエットを飲んでいます。
無農薬砂糖と塩を水に溶かしたものです。
普通の砂糖でも問題ないので、作ってみるとよいと思います。

17:04
2021/08/01

今日から8月ですね

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210731土が流れた

一昨日の豪雨で畑の土が流されてしまいました。
赤城山の緩やかな斜面に畑があるので、大雨が降ると川のようになり、土が流されてしまいます。
毎年のことなので、仕方ないですね。
今日修理したいと思います。




  210731ジャガイモ

あまりにジャガイモが美味しかったので、また家内に作ってもらいました (^^♪
今まで食べたポテトフライの中で、一番ウマいです。

  210731そうめん

夏はそうめんですね。
薬味ネギとわさびで食べました。
途中からおろし生姜で食べました。

  210731チャーハン

海鮮チャーハンを作ってもらいました。
少ない量だとフライパンで炒めやすいので、パラパラになりますね。
「野菜のおかげ」の出汁は万能です。

  210731焼きナス

オーブントースターでナス焼きを作ってもらいました。
醤油とおろし生姜が良く合います。

  210731サラダ

いつものサラダです。



  210731夕飯

冷奴とビールでご機嫌になりました (^^♪
農作業は暑くて大変ですが、その後の楽しみが嬉しいですね。

今日から8月ですね。
「八」は末広がりで、開く数ですので、誰にでも面白いことが起こるそうです。
楽しくなりますね!
 

15:11
2021/08/01

5種類のトマトが元気に育っています

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210730アイコ

トマトが最盛期を迎えました。
アイコから元気が発散されているようです (^^♪



  210730黄色

イエローアイコの黄色が綺麗です。





  210730ミニキャロル

定番のミニキャロルです。
鈴生りですね。


  210730中玉

中玉のフルティカです。
味が濃厚ですね。


  210730大玉

大玉の桃太郎トマトです。
今年は梅雨が短かったので、大玉が元気に成長しています (^^♪


  210730トマトキュウリ

毎日トマトとキュウリのサラダを食べています。
売るほどあるので、食べ放題です。


  210730トマト

家内がペンネを作ってくれました。
湯剥きして、刻みました。


  210730ペンネ

ペンネはマカロニとは違うので、12分茹でます。
できればグルテンフリーでいきたいのですが、複雑なところです (^^♪



   210731ペンネ

エビやイカ、アサリの魚介ミックスの風味がなんともいいですね!
トマトをたっぷり使っているので、自然の甘味がたまらないです。
「なんて甘いんだろうね」と家内も満足そうでした。




  210731夕飯

カボチャが旬なので、サラダにしました。




  210731夕飯2

軽く茹でておいたジャガイモをフライパンでソテーしました。
最後に塩を振って、まぶしました。
1.5㎝の厚切りなので、とても美味しいです (^^♪
ジャガイモの自然の甘さがなんともいいですね。



15:03
2021/08/01

日本弥栄の会の会員さんが農作業のお手伝いにきてくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210724徳田さん


昨日は日本弥栄の会のTさんが農作業のお手伝いに来てくれました。

ナスの草取りをしてくれたので、すっかり綺麗になりました。


  210724鉄板焼き

夕飯は採りたてのナスやピーマン、カボチャ、ジャガイモ、玉ねぎなどを焼きました。
採りたての大根おろしとポン酢でいただきました。
夏は鉄板焼きとビールですね!
野菜ばかりですが。




  210724ジャガイモ

新じゃがをマヨネーズで和えました。



  
  210724キュウリごま油

キュウリをたたいてつぶして、胡麻油と醤油などで味付けしました。
さっぱりしていていいですね。


  210724カボチャ

ほくほくのカボチャはデザートみたいに美味しいです (^^♪




  210711トマトキュウリ

採りたてのキュウリとトマトです。
定番ですね。



  210724キュウリ

キュウリと塩昆布を塩で和えました。
ご飯にもビールにも合います。

今日から日本弥栄の会の会員さんが4名来てくれます。
畑はかなり綺麗になっていますが、さらに磨きがかかりますね。

18時から懇親会を行います。
楽しくやりましょう!
 

15:00
2021/08/01

トウモロコシがそろそろ収穫です

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210723トウモロコシ

トウモロコシが大きくなってきました。

  210723トウモロコシ2

あと10日ほどで収穫です。





  210723トマト

朝採りのトマトです。
今日の野菜セットで出荷しました。


  210723空心菜

空心菜の緑が鮮やかです。

今日も35℃と暑かったですが、野菜は人間のように日焼けすることもなく元気に育っています。
梅雨が明けて二週間経ったので、すこしだけ体が慣れてきたようです。

毎日炎天下で農作業をしていますが、以前勤めていた会社では、一日中社内で仕事ということもありました。
エアコンが効いているので暑くはないのですが、逆に体が冷えて調子が良くないこともありました。

炎天下での作業も、屋内での仕事もどっちもどっちですね。
 ここまで暑いと、丁度良い仕事というのはあまりないかもしれません。

先月までは朝4時に明るくなってきましたが、今は4時半過ぎでないと明るくなりません。
日が短くなってきました。
あと2ヶ月もすれば秋ですね。

夏には夏の楽しみがありますので、それを味わいたいと思います。
主にビールと枝豆、サラダですが (^^♪

14:56
2021/07/24

サツマイモが元気に成長しています

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210718ナスの花


ナスの花がたくさん咲いています。
紫色の3㎝ほどの綺麗な花です。
ナスの花は下を向いて咲きます。



  210718インゲン

インゲンの花が咲き始めました。
白いかわいい花ですね (^^♪



  210718さつまいも

サツマイモも元気に成長しています。
10月後半に収穫です。

学生時代にアルバイトで石焼き芋の移動販売をやっていました。
石焼き芋仕様に改造された軽トラで、移動しながら販売します。
当時は録音された音源を流すのではなく、マイクで直接文言を言っていました。

「いーしやきいもーー! 安くて美味しいお芋ちゃんだよ!」などと
適当に言っていました。
これといったマニュアルもないので、気楽な仕事でした。

東京の大田区や世田谷区、杉並区などを主に流していました。
お客さんの9割以上が女性でしたね。

一日1万円になったので、学生にとっては良いアルバイトでした。
チリ紙交換もやりましたが、同じく1万円以上になりました。


  210718桃

桃をいただきました。
昨日の早朝に収穫したとのことで、3日ほどおくと食べごろだそうです。
甘くてさわやかな香りが漂います。



 

16:47
2021/07/24

野菜の美味しさが分かる夏カレー

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210716ナス

今日も前橋は34℃まで気温が上昇しました。

まだ体が暑さに慣れていないので、体力を消耗しますね。

強い日差しを受けて、ナスが力強く成長しています。

木曜日から日本弥栄の会のTさんがお手伝いに来てくれています (^^♪
私でも暑さで参ってしまうのに、りんごさんはわりと平気なのには驚きました。
体力がありますね。


  210716空心菜

空心菜が大きくなってきました。
中華料理でよく出てきますね。
お店では強火で30秒ほど炒めればできあがりです。

Tさんと一緒に草取りをしたので、通路も綺麗になりました。


  210716ジャガイモ

家内が夏カレーを作ってくれました。

あらかじめジャガイモやナス、ピーマンを炒めておきます。




  210716ピーマン





  210716夕飯

炒めたナス、ピーマン、ジャガイモをカレーにトッピングします。
玉ねぎと人参は煮込んであります。

こういう食べ方は、本当に美味しいですね!

ジャガイモもナス、ピーマンも、味がよく分かります。
ジャガイモだけ食べると、フライドポテトのようです (^^♪
ナスは油と相性がいいので、とろけるような奥深い味になりました。

私が作る場合は、ナスもピーマン、ジャガイモも煮込んでしまいますが、ひと手間加えると違った美味しさに出会えますね。



 

16:42
2021/07/17

スイカとカニをいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210711スイカ

昨日も日本弥栄の会のTさんと農作業を行いました。
晴れてくれたのはいいのですが、気温が高く、汗が流れました。

スイカができていたので、休憩のときにいただきました。
やや早い感じですが、甘くてさわやかな味です (^^♪
農作業の合間には最高のオヤツですね。

ほぼ作業が終わり、帰ろうと思っていると、急に雲行きが怪しくなってきました。
支度を終えて車に乗ると、パラパラと雨が降ってきました。

近くの富士見温泉で露天風呂に入りたいということで、Tさんを送りました。
富士見温泉に着いたときには、かなり雨が強くなっていました。
温泉の入り口には大きな屋根があるので、Tさんは濡れずに温泉施設に到着できました。
あと5分遅かったら、ずぶ濡れになっていたと思います。
タイミングが良くて助かりました。



  210711カニ3

自宅に戻ると、家内がカニなどを近くの水産卸のお店で買ってきてくれていました (^^♪
先週私の誕生日だったので、お祝いをしようということでした。

とは言っても、カニやアワビは私がさばきます。



  210711カニ

格安の水産卸しのお店なので、佐渡でとれたカニが1ぱい800円という安さです!
安いですが、とれたカニをそのまま浜ゆでしてあるので、身がしっとりしていて美味しいです。
安かったので、3ばい買ってきたそうです。


  210711カニ汁

カニ汁も出汁がきいていて、最高ですね。





  210711エビ

エビも新鮮でした。
今まで食べた中で、一番美味しいエビでした!


  210711本マグロ

生の本マグロの刺身です。
こちらも冷凍されていないので、新鮮です。



  210711アワビ

アワビをさばきました。
1個280円という安さです (^^♪
肝も濃厚で、いい味です。

  210711寿司3

貝づくしの寿司です。
つぶ貝、ほっき貝、ほたて、赤貝などとても美味しかったです。


  210711寿司2

ウニはミョウバンにつけてなかったのか、とても美味しかったです。
こういうウニならいいですね。



  210711寿司






  210711夕飯
 



  210711夕飯3




  210711夕飯2

とても豪華な食事ですが、それほど費用はかからないのがいいですね。

17:16
2021/07/17

様々な縁起で作られた 「菜イス!ベジ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210620菊芋
  菊芋が1.8メートルまで成長しました。


菊芋玄米サプリメント「菜イス!ベジ」の臨床試験で、薬よりも効果があるとの結果が出ました。
最近は臨床試験の結果を知った方々から、注文をいただくことがとても多くなりました。

たまたま知り合った糖尿病専門医の高橋先生とのいきさつをご紹介したいと思います。

<月刊「玉響」農園便りより抜粋>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2020年2月には、高橋先生が開催された健康セミナーに参加しました。セミナー終了後に、ひふみ農園で栽培した無農薬菊芋きくいもについてご説明させていただきました。高橋先生は糖尿病専門医ですので、糖尿病を改善する効果のある菊芋サプリメント「菜イス!ベジ」についても、大変ご関心を持っていただきました。そこで、高橋ファミリークリニックさんにて「菜イス!ベジ」の臨床研究をしてくださることになりました。

*「高橋ファミリークリニック」はインターネット(スマホ、パソコン)より「高橋ファミリークリニック名古屋」のキーワードで検索できます。



  
糖尿病専門医も驚いた「菜イス!ベジ」の効果

 その後、「菜イス!ベジ」の臨床りんしょう研究のやり方を高橋先生より説明いただきました。糖尿病の患者さんをA群とB群に分けます。A群には2020年4月から6月まで、「菜イス!ベジ」を1日4粒摂取していただきます。7月から9月までは「菜イス!ベジ」の摂取を止めていただきます。



 B群は4月から6月までは「菜イス!ベジ」の摂取は無し、7月から9月までは1日4粒摂取していただきました。このような試験方法をクロスオーバー試験というそうです。




  
クロスオーバー試験

結果:3か月間のHbA1cの変化(%)

A

 

菜イス!ベジ摂取有り

4月~6月

菜イス!ベジ摂取無し 

7月~9月

Aさん

-0.1

-0.1

Bさん

-0.1

0

Cさん

-0.4

0.9

Dさん

-0.2

0.3

Eさん

0

0.1

Fさん

0.5

0.1

Gさん

-0.2

0.1

Hさん

-0.2

-0.2

Iさん

-0.2

0.2

Jさん

-0.2

0

 

B

 

菜イス!ベジ摂取無し

4月~6月

菜イス!ベジ摂取有り

7月~9月

Kさん

0.1

-0.3

Lさん

-0.2

-0.3

Mさん

0.3

-0.3

Nさん

-0.4

-0.1

Oさん

0.2

-0.3

Pさん

0.4

-0.1

Qさん

0.1

0

Rさん

0.6

-0.6

Iさん

0.3

-0.3

 




 その結果が図1、2になります。「菜イス!ベジ」を摂取しない場合の平均HbA1cは0.1473、「菜イス!ベジ」を摂取した場合の平均HbA1cは-0.1789という結果になりました。HbA1cとは、過去1、2ヶ月間の血糖値の平均になります。


「菜イス!ベジ」を摂取すると明らかにHbA1cの数値が下がりました。高橋先生は今までに様々なサプリメントを検証したが、どのサプリメントよりも10倍以上の効果があったと言ってくださいました。HbA1cの数値が0.01下がるだけでもすごいことなのに、「菜イス!ベジ」は0.1も下がったと大変驚いておられました。最初のメールには、「菜イス!ベジ」の試験は、ものすごく良い結果が出ました!」とありました。今後は高橋ファミリークリニックさんでも「菜イス!ベジ」を積極的に推奨すいしょうしてくださるとのことです。



■ 糖尿病に効果のある菊芋

 菊芋には様々な効能があります。その一部をご紹介します。

1.血糖値を下げる:医学博士・品川イーストワンメディカルクリニック理事長 板倉弘

重氏の見解

菊芋に含まれるイヌリンが糖をからめとって排出することにより、血糖値を下げる

2.糖尿病の自然薬:東京農業大学名誉教授 永島俊夫氏の見解

菊芋に含まれるイヌリンは腸内に残った余分な糖分を排出して、ヘモグロビンA1c(HbA1c)を下げ、糖尿病を改善させる

3.整腸作用・便通改善

4.デトックス

5.中性脂肪の備蓄予防

6.コレステロール値の低下

7.糖化とうか予防

8.美肌

9.ナトリウムの吸収制御

10.糖分や炭水化物の吸収抑

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たまたま糖尿病専門医の高橋先生と知り合ったというのもご縁を感じます。
たまたま見学にいった栃木の農家から菊芋の種芋をいただいたのも、
ご縁だと思います。

様々なご縁で今があるのでしょうね。

「菜イス!ベジ」のご注文は、日本弥栄の会(東光社)様へお願いいたします。




17:01
2021/07/17

日月神示にある「松食せよ」とは

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210706バラ

綺麗なバラが咲きました。

以前ご紹介した日月神示から見る現状について再度考察したいと思います。


・食物は科学的栄養のみに囚われてはならん。霊の栄養大切。自分と自分と和合せよと申してあるが、肉体の自分との和合出来たら、も一段奥の魂と和合せよ。さらにまた奥の自分と和合せよ。一番奥の自分は神であるぞ。(「月光の巻」第二十五帖)


・金が好きなら金を拝んでもよいのぢゃ。区別と順序さえ心得て居れば何様を拝んでもよいぞ。金を拝めば金が流れてくるぞ。金を拝み得ぬ意固地さが、そなたを貧しくしたのぢゃ。赤貧は自慢にならん。無神論も自慢にならん。清貧は負け惜しみ、清富になれよと申してあろうが。清富こそ弥栄(いやさか)の道、神の道(「月光の巻」第二十四帖)


・現状を足場として進まねばならん。現在のそなたの置かれていた環境は、そなたがつくり上げたものでないか。山の彼方に理想郷があるのではないぞ。そなたはそなたの足場から出発せねばならん。よしそれが地獄に見えようとも、現在においてはそれが出発点。それより他に道はないぞ。(「月光の巻」第二十六帖)


・祓いは結構であるが、厄祓いのみでは結構とはならんぞ。それはちょうど、悪を無くすれば善のみの地上天国が来ると思って、悪を無くすることに努力した結果が、今日の大混乱を来したのと同じであるぞ。よく考えてくだされよ。善と申すも悪と言うも、皆悉(ことごと)く大神の
肚の中であるぞ。大神が許し給えばこそ存在しているのであるぞ。この道理をよく会得せよ。
(「月光の巻」第二十七帖)


・訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。人々にもそのことを知らせて共に栄えてくれよ。この病を治すのは、今日までの教えでは治らん。病を殺してしもうて、病を無くしようとて病は無くならんぞ。病を浄化しなければならん。悪を殺すという教えや、やり方ではならんぞ。悪を抱き参らせて下されよ。(「月光の巻」第三十帖)


・足の裏を綺麗に掃除なされよ。外から見えん所が穢れているぞ。日本の国よ、そなたも同様、世界よ、そなたも同様ぞ。(「月光の巻」第三十一帖)


・行き詰まった時は大きく開ける時ぢゃ。ぢゃと申して人心で急ぐでないぞ。急ぐと道が見えなくなってくるぞ。(「月光の巻」第三十三帖)


・かみかかりはよしなされよ。そなたは学に囚われて御座るぞ。科学を越えて神の学に生きて下されよ。そなたは自分で自分の首を絞めるようなことをして御座るぞ。自分で勝手に小さい自分の神をつくっているぞ。一度その神を捨てなされ、固く抱きしめたり、閉じ込めているからわからんことに生き詰まるのぢゃ。(「月光の巻」第三十四帖)


・そなたは世の中が悪いとか人がよくないとか申しているが、すべては大神の肚の中にいて、一応大神が許しなされて居ればこそ存在し、生命しているのであるぞ。悪く映るのは心の鏡が曇っているからぞ。悪い世の中、悪い人と申すことは、神を悪く申し、神界が悪いのぢゃと申すのと同じであるぞ。新しき世界には新しくてんし、天下をこしらえねばならん。(「月光の巻」第五十帖)


・頭を下げて見なされ、流れて来るぞ。頭も下げず低くならんでいては流れては来ないぞ。神の恵みは淡々とした水のようなものぞ。そなたは頭が高いぞ。天狗ぞ。その鼻曲げて自分のにおいを嗅いで見るがよい。(「月光の巻」第五十四帖)


・そなたはなかなか立派な理屈を申すが、理屈も必要ではるが、沫(あわ)のごときもの、そなたの財産にはならんぞ。体験の財産は死んでからも役にたつ。(「月光の巻」第五十五帖)


・そなたはすぐに金にならねば食って行けない、金にならぬ仕事は出来ぬ、自分はよいが妻子が可哀想だから、などと申しているが、どんな仕事でも、その仕事に融け込まねば、その仕事になり切らねばならんのに、そなたは目の先の欲にとらわれ、欲になり切って、目の色を変えて御座るぞ。それでは仕事にならん。仕事は神が与えたり人が与えてくれるのではないぞ。自分自身が仕事にならねばならん。この道理さえわかれば、失業はないぞ。自分が仕事ぢゃからのう。


・そなたは形や口先ばかりでものを拝んでいるが、心と行いと口と三つ揃わねばならん。三つ揃うて拝むならば、どんなものでも与えられるのぢゃ。


・そなたの現在与えられている仕事が神業であるぞ。その仕事をよりよく、より浄化するよう行じねばならんぞ。そのたはそなたの心と口と行いが違うから、違うことが次から次へと折り重なるのぢゃ。


・理屈は悪と申してあろうが、理屈無い世に致すぞ。人に知られんように善いことつとめと申してあろうが。人の知れんようにする善いこと、神心ぞ。神のしたことになるのざぞ。(「夜明けの巻」第七帖)

 


特に以下の内容はコロナを指しているともとれます。

・訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。人々にもそのことを知らせて共に栄えてくれよ。この病を治すのは、今日までの教えでは治らん。病を殺してしもうて、病を無くしようとて病は無くならんぞ。病を浄化しなければならん。悪を殺すという教えや、やり方ではならんぞ。悪を抱き参らせて下されよ。(「月光の巻」第三十帖)



「訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。」

「訳のわからん虫」とはコロナを指しているともいえますが、「心の病はげしくなってくる」とはコロナに対する恐怖心ではないかと思います。偏桃体しか働かず、冷静な判断ができなくなっている状態ではないかと感じました。

最近ではワクチンを打たない人への差別も出てきているようです。まさに心の病がはげしくなってきています。

日月神示には以下の文言もあります。
「松食せよ(まつおせよ)、松食せばわからん病治るのぢゃぞ」(「雨の巻」第十四帖)

いろいろと調べたところ、日本脳炎の治療などに松が使われていることを知りました。

「玉響」7月号のオカさんの記事には、松の成分である「スラミン」がコロナを解毒することができるとありました。
それだけでなく、ワクチンの害も阻害することができるとありました。

メッセンジャーRNAのワクチンを打つと、遺伝子に影響が出る可能性がありますが、松に含まれるスラミンが遺伝子への害を阻害してくれるとのことです。

様々な理由でワクチンを打たざるを得ない方は、松を食べるとよいと思います。

一年前から庭にある松を粉末にして飲んでいます。
「菜健」として販売も考えています。




16:52
2021/07/17

枝豆が大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210706枝豆

関東地方も梅雨明けしましたね
今日も34℃まで気温が上昇しましたが、湿度が低いのでわりと爽やかでした。

枝豆が大きくなってきました。
来週には収穫できます。
ビールが楽しみです (^^♪

  210702ゆうがお

ゆうがおが大きくなってきました。
カボチャと似ていますが、ウリ科です。
夕方に花を咲かすのでこの名前がつきました。

ゆうがおを削って乾燥させたものがかんぴょうです。

とうがんのような味ですが、少し苦いですね。
味噌汁やあんかけにしたり、下茹でしておいてサラダや
そのままめんつゆをかけても美味しいです (^^♪
わさび醤油で刺身としてもなかなかですよ。







16:45
2021/07/06

菊芋が160㎝まで大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210620菊芋

菊芋が160㎝くらいまで大きくなってきました。
秋には3mくらいになります。
あまりに背が高くなるので、台風が来ると倒れてしまうこともあります。

7ヶ月も土の中で成長するので、養分が蓄積されます。
それで糖尿病が治るのだと思います。
この菊芋を原料にして作ったサプリ「菜イス!ベジ」が、糖尿病の臨床試験で、薬や今までのサプリメントの10倍ほど効果が出ました。
それで問い合わせが増えています。

昨日農作業のお手伝いに来てくれた日本弥栄の会のTさんも、2年前には糖尿病でした。
勤務先の健康診断で糖尿病と指摘されたそうです。
レッドカードのように赤く印字された書類が送られてきた時には、驚いたと言っていました。
糖尿病が悪化して、足を切断した人のことを知っていたので、とても恐ろしかったそうです。

丁度そのころ「菜イス!ベジ」が発売されたので、一日3粒飲んでいました。
すると3ヶ月後には糖尿病の数値であるHbA1cが改善され、糖尿病が治ってしまいました。
Tさん
の体験を聞いて、私自身もすごいサプリメントができたものだと思っていました。
それで臨床試験をお願いしたところ、すごい数値が出たという流れです。

病院で出される糖尿病の薬を何年飲んでも改善されない人がとても多いです。
糖尿病はわりと軽く考えている患者が多いようです。
昨日Tさんが、足を切断しないと糖尿病の怖さは分からないと言っていました。


昨日はTさんにトマトとキュウリ、ナスの畝の間の草取りをしていただきました。
お陰ですっかり綺麗になりました。
草がボウボウになっているより、綺麗な畑の方が野菜は元気に育つ傾向があります。

休憩時間にはおやつにトマトを食べていました (^^♪
ミニトマトは食べやすくていいねと言っていました。
無農薬なので洗わなくても大丈夫です。採ってそのままパクリです。


  210620ナス

採りたてナスのツナ和えです。
  210620ナスとツナ

キャベツとズッキーニ、玉ねぎ、ピーマン、エビ、イカ、アサリの野菜炒めです。

  210620ジャガイモ

新ジャガの甘辛煮です。
美味しいですね (^^♪

  210620レタス

レタスとサニーレタス、玉ねぎ、キュウリのサラダです。




  210620刺身

イカとタコの刺身もいただきました。



17:36
2021/07/06

可愛いミツバチがキュウリの花にいました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210618ミツバチキュウリ

昨日は良い天気でした。
時折吹いてくる風が心地よかったです (^^♪

キュウリの誘引をしていると、キュウリの花にミツバチがいました。
花の蜜を吸っているようです。
人間を刺すことはありません。

11年前の開園当時はミツバチがたくさんいましたが、6年くらい前から減ってしまいました。
全国的に、どうも強い農薬に変わったようです。
世界的には農薬や除草剤を減らしていく傾向があるのですが、日本だけは強い農薬に変わってしまったそうです。
売れなくなった農薬を日本が買っているという構図のようです。

誰もがコロナを異常に怖がっていますが、農薬を怖がっている人はあまりいないようです。
もっとも、日本は自由な国なので、どのように考え、行動するのかも自由ですね。




  210618ピーマン

5月1日に苗を定植したピーマンがすっかり大きくなり、毎日収穫しています。

  210618子供ピーマン

こちらは子どもピーマンです。
スーパーでは見かけませんね。

  210618サツマイモ

サツマイモが大きくなってきました。
収穫は10月なので、まだ先ですね。

サツマイモは土の中で5ヶ月過ごします。
生姜は半年、菊芋は7ヶ月です。
太陽と大地のエネルギーをぎっしり溜めているのでしょうね。

今日は一日中雨のようですね。



 

17:11
2021/07/06

キュウリの花言葉 「洒落」「垢ぬけた」「気が利く」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210617アジサイ

咲きはじめよりアジサイの色が鮮やかになってきました。


  210617ガクアジサイ

ガクアジサイも透き通るような白になっています。



  210617バラ

今年はバラも色が綺麗です。
バラの花言葉は「愛」と「美」だそうです。

ピンクのバラは「しとやか」「上品」「感謝」「幸福」です。


  210614キュウリ

キュウリの花言葉は「洒落」だそうです。
「垢ぬけた」「気が利く」もあります。

キュウリにも花言葉があるとは知りませんでしたが、面白いですね。



  210614アイコ

トマトは「完成美」「感謝」だそうです。

「感謝」というのは日々の生活では忘れがちですね。
毎日ご飯を食べることができ、安全な街で過ごし、安全な環境で眠ることができますが、このような環境すら実現できない人々が全世界にはたくさんいます。

以前は外資系のIT企業に勤めていました。
イスラエルのテルアビブで寿司を食べていたところ、突然近くのビルが爆破されました。
ヒズボラの攻撃でした。
日本では考えられませんが、その後も爆発音が何度も聞こえました。
改めて日本は良いところだと思いました。





  210617野菜炒め

キャベツとナス、ズッキーニ、ピーマン、万願寺の野菜炒めです。
全て自分の畑でできた野菜です。
感謝していただきます。


  210617サラダ

キュウリと玉ねぎ、リーフレタスのサラダです。
この時期はとても美味しいですね。

  210617粉吹き芋
 
新ジャガの粉吹き芋は格別ですね。


  210617キュウリ

キュウリを味噌で食べましたが、最高に美味しかったです!
無農薬味噌とキュウリのほのかな甘みがマッチしています。




17:07
2021/07/06

トマトが色づいてきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210614アイコ

ここのところ毎日雨ですね。

トマトが色づいてきました。これはアイコという品種です。

トマトはアンデス地方の高地原産なので、雨は得意ではありません。
それでプロのトマト農家はビニールハウスで栽培しています。

ひふみ農園では露地栽培のため、梅雨の時期は気を遣います。
病気になりやすくなるのです。


  210614キュウリ

キュウリが大きくなってきました。
先週から野菜セットに入れて出荷しています。
今年も良い味になっています。


  210614春菊

春菊も元気に成長しています。
秋だけでなく、春も良く育ちます。


  210614大根

今年3回目に種まきした大根が収穫を迎えました。
春大根は柔らかくて水分が多いのが特徴です。

野菜セットをご注文いただいた埼玉県の方からお便りをいただきました。
大根のおろし汁をご主人が飲むそうです (^^♪

こんにちは!今回も元気いっぱいな野菜をありがとうございました‼︎ 
今回もあゝ美味しい!すっごく美味しい‼︎と毎日騒いでいたら気がついたらこんなに日々が過ぎ去っていた…ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

気をとりなおしまして、キャベツなんて美味しいんでしょう♪焼きキャベツスープでいただいたら、もう甘くてうっとりしました!
立派な大根はみずみずしくって夫は大根おろしで出た水分をコップに入れて一人占めして飲んでるほど‼︎いつもパワフルな野菜をありがとうございます

16:59
2021/06/15

コロナ ワクチンに対する風潮

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


<Newsポストセブンより転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「誰かに(ワクチンを)回してあげたい」、「66年間、一回もないんですよ。ここでワクチンを打つと、体が変わってしまうのでぼくは打たないつもり」──。ようやく新型コロナウイルスワクチンの接種が始まったばかりの日本で、ワクチンをめぐる有名人のコメントが波紋を広げている。冒頭の発言は明石家さんま(65才)によるもの。自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組での発言だった。

「新宿区では20~30代を優先的に開始」「職域接種は1000人以上の企業から」。ワクチンをめぐる状況は刻一刻と変化する。しかしそれは、あくまでも「打つ人」に限った話だ。この狂騒のなか、「打てない人」の声がかき消されている。大学病院に勤務する40代の看護師は、こう胸の内を明かす。

「個人の打つ・打たないの選択に批判が出るのはおかしいし、何より“打ちたくない人はいないはず”という風潮がつくられてしまうことが怖い。私が勤めている病院も同様で、接種時期や順番について説明があったときに、『副反応が怖いからという理由で、接種を拒否することは許されない』と遠回しに言われました。つまりこの病院にいる限り、選択肢は“打つ”一択ということ。

 ですが死亡例があったり、将来的にどんな異変が起きるかわからないことを考えると、接種はもう少し後にしたかったし、何より“打たない”と言えない雰囲気に耐えられなかった。3月いっぱいで退職して、ワクチンが回ってくる順番の遅い別の病院に移ることを決めました」

 同僚の看護師の中には、『やっぱりどうしても副反応が気になるからワクチンは受けない』と言って、離職した人もいます。ただでさえ忙しいのに、人が減って大変です」

 医師で医療経済ジャーナリストの森田洋之さんのもとにも、同様の相談が届いているという。

「ある20代の看護師は、ワクチンを打つか辞めるかの二択を迫られている状況でした。彼女は『将来どんな影響が出るかわからないから、もう少し打つのを待ちたい』と。彼女の不安はもっともですが、職場を失うリスクにさらされている。

 上長からの指示に従わざるを得ない若い人からの相談が圧倒的に多いです。クラスターを出したくない管理職と、コロナに罹患しても重症化しづらいが、ワクチンの副反応は出やすい若手との間に溝が生まれているようにも思えます」(森田さん)

 新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんも、ワクチンには懐疑的だ。自身は打たない決断をし、辞職する覚悟で、職場に意思を伝えたと明かす。

「私の場合は運よく経営者に理解があって、意思を受け入れてもらえました。でも医療現場では、同じようにはいかずに退職せざるを得なかったスタッフも珍しくない。特に若い人は免疫が活発であるため、ワクチンを打つことで発熱などの強い副反応が起こりやすい。あまりのつらさに『もう二度と受けたくない』という声も耳にします」(岡田さん)

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病院などの医療機関ではワクチンを打つのが当たり前になっているようです。
ワクチンを打ちたくない人は、病院を辞めるしか選択肢がないそうです。

ワクチンは開発に5年から10年はかかると言われています。
体に異物を投入するのですから、どんな副作用が出るか分かりません。
そのため5年から10年をかけて臨床試験をするわけです。

サーズの場合は結局ワクチンを作ることができませんでした。
今でもサーズのワクチンはありません。

今回のコロナの場合は、緊急事態だということで、半年くらいしか臨床試験をしていないにもかかわらず、OKということになりました。
これから5年くらいかけて、ワクチンを打った人たちが人体実験をすることになります。

今回のコロナワクチンはmRNAワクチンという遺伝子組み換えで作られたものです。
このワクチンを打つと、将来的に自分の体のDNAが書き換わってしまう可能性があります。

DNAの書き換えの危険性については、長崎県の山内診療所の山内医師が明解に説明されていますので、関心のある方はお読みください。

■ 山内医師の説明(抜粋)

まずはじめに、私は新型コロナウイルスワクチンの接種に否定的な立場ではない。
むしろ早く感染流行が終わり普段の日常になることを願っている。
 
 新コロナウィルスワクチンは、mRNAという人工的に作ったウイルスの遺伝情報を接種して遺伝子を組み換え、人間の体内で抗原を作らせ、それに対して抗体を作らせます。 

 このような遺伝子を直接体内に注入する治療は、臨床研究として遺伝性疾患や末期がん患者さんに行われた事例はありますが、今回のように世界中の健康な人に投与する事例は人類史上初めてのことなのです。
  以前の記事に掲載しましたが、ファイザー、アストラゼネカなどの新型コロナウイルスワクチンは、短期的な効果としては凄まじく、予防効果に関しては、申し分ない結果でした。
 しかし、副作用については、まだまだわからないことが沢山あります。

 人工的に作成されたmRNAは、体内でDNAに組み込まれる可能性があるということです。これまで、mRNAは逆転写されることはなく、遺伝子には影響しないとされていました。しかし、一部は逆転写される可能性があるとの論文も発表されており、接種後、遺伝子の他の部位に影響を与える可能性を秘めています。その可能性がどんな形で現れるのか不明です。
 もしかすると組み換えられた遺伝子が発がんを誘発するかもしれない。実際に、エボラ出血熱のワクチンが同じ方法で作られ 接種を受けた数十人に白血病患者が発生し、そのワクチンは製造中止となっています。
 今回開発されているコロナワクチンのように、こんな短期間に開発された状況では、安全性は全く保障されていません。
 ですので、私のように40歳過ぎの男性は、接種後に副作用が生じても自分自身の問題として終わりますが、これから子供を作る可能性があり、将来を担う16~40歳の男女に、新型コロナウイルスワクチン接種をした方がいいのか?と聞かれたら、短期的には劇的な効果があるが、中長期的に安全とは言えないと伝えるでしょう。
 将来がある人達、その子供に安全であると言える日が来ることを祈るばかりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・山内医師の説明


コロナのワクチンは遺伝子組み換えで作られたものなので、打つと自分の体のDNAが書き換わってしまう可能性があるとのことです。
がんを誘発するかもしれないそうです。
DNAが書き換わってしまうということは、大げさに言えば別の生物になってしまうということですね。

この影響で、免疫系が弱くなってしまうと致命傷です。
風邪で死んでしまうかもしれませんね。


ワクチンを打つ自由もありますし、打たない自由もあります。
ただ、社会の風潮としては、ワクチンを打ちたくないと言うと、ヘンな人と言われます。

今回の騒動の結末は5年後に出ます。
ワクチンを打って、発熱するとかいうことではなく、5年後にどうなっているかということです。
世界的な人体実験は現在進行中です。
何も問題なかったということもあると思います。


今日は晴れて気持ちがいいですね (^^♪


  210502応援隊1


  210613応援隊2



  210612本間さん



  210612杉浦さん佐藤さん



・Newsポストセブン



 

17:48
2021/06/15

日本弥栄の会の会員さんが農作業のお手伝いに来てくれました2

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210613応援隊2

昨日も日本弥栄の会の会員さんたちが農作業のお手伝いに来てくださいました!
曇りだったので、気温は高くなかったのですが、湿度が高いのでムシムシしていました。

まずは長ネギの草取りをお願いしました。
2時間ほどですっかり綺麗になりました (^^♪

次に落花生とトウモロコシの草取りをしました。




  210602ミニキャロル



  210506サニーレタス

キャベツの畝の草取りで全ての作業が完了しました。
雨も降らずまずまずの天気でした。

帰りに無農薬のサニーレタスとレタスを、お土産に持っていっていただきました。

次回は7月後半の予定です。
お陰さまですっかり畑も綺麗になりました。皆さんありがとうございました。
日本弥栄の会の

17:43
2021/06/15

日本弥栄の会の会員さんたちが農作業のお手伝いに来てくれました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210612杉浦さん佐藤さん

昨日は日本弥栄の会の会員さんたちが東京や埼玉、静岡から農作業のお手伝いに来てくれました。

トウモロコシの草取りをしてくれています。
広い畝ですが30分ほどで綺麗になりました (^^♪




  210612本間さん

女性陣にはトマトの誘引をお願いしました。
この時期は一気に伸びるので、トマトが倒れないように支柱に結んでいきます。

皆さん手慣れたものです。
あっと言う間に完了です!


  210612徳田さん

トマトが色づき始めました。
次回は休憩のときに、トマトを味わってもらおうと思います。

 

17:39
2021/06/15

新ジャガを掘りました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210603ジャガイモ1

ジャガイモを試掘りしてみました。
普通は葉が黄色くなってきたら掘るのですが、まだ緑色なので早かったようです。
それでも直径7㎝ほどのジャガイモがゴロゴロ出てきました (^^♪



  210630ジャガイモ2

土が柔らかいので、手で掘れます。
ただ皮が薄いので、優しく扱わないとキズがついてしまいます。



  210603ジャガイモ3

ジャガイモ掘りは楽しいですね (^^♪
近所の保育園や幼稚園でもよくやっています。



  210603シチュー

さっそく新ジャガでシチューを作りました。
人参やカブ、チンゲン菜、玉ねぎ、キノコも入れました。
新じゃがは柔らかくて溶けるようですね (^^♪
大地の恵みを感じます。

4月に植えた種芋が2ヶ月で新しく生まれ変わりました。
この新ジャガがまた種芋になって、命を繋いでいきます。
1個から10個に増えるので、減ることはありません。
自然の仕組みはよくできていますね。


  210603チャーハン

チャーハンとシチューがよく合います。
冷凍の魚介パックは安いのに、エビやイカ、アサリが入っています。
料理一回分で150円くらいですね。

  210603サラダ

レタスとサニーレタスは見た目も新鮮で、とてもシャキシャキしています。
今が旬ですね。
真夏になると暑すぎて栽培できません。

今日は一日中雨ですね。
3メートルの南風も吹いています。
小さい台風のようです。
今のところ雨はほとんど降っていないので、野菜の出荷作業は大丈夫そうです。

今日も楽しくやりたいと思います。

17:33
2021/06/15

ズッキーニが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210601カボチャ

カボチャの花が咲いて、そのあとに小さな実ができてきました。
基本的に野菜は、花→実 になります。




  210601ズッキーニ

ズッキーニも実を付けました。
まだ8cmくらいですが、あと一週間で収穫できます。
ズッキーニとカボチャは同じ仲間なんです。




  210601トマト

ミニトマトのアイコが大きくなってきました。
そろそろ赤くなってきました。

丈はまだ1mくらいなのですが、8月には2mになります。
それ以上は手が届ないので、摘心といって芽を欠きます。

今日は一日曇りのようです。
曇りだと暑くないので、作業をするにはとても良い環境です。
今日はどんな発見があるか楽しみです (^^♪


17:26
2021/06/15

ゴボウが発芽しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン



  210530フリルレタス

リーフレタスが大きくなってきました。
こちらは緑のリーフレタスです。
これからフリルが増えていきます。





  210530レタス

レタスが収穫最盛期です。
あと10日で終了となります。






   210530ゴボウ

ゴボウが発芽しました (^^♪
ゴボウは発芽に一週間ほどかかります。

これからグングン成長して、10月中ごろに収穫となります。
ゴボウは美味しいのですが、掘るのが大変です (^^;



  210530ナスと前橋
  
昨日は日本弥栄の会の会員さんと、3日目の作業をしました。
まずはナスの剪定をしました。
ナスやキュウリ、トマトなどは剪定をしないと、わき芽がドンドン伸びて、ジャングルのようになってしまいます。
野菜の性質なので、それはそれでいいのですが、収穫するのがとても大変になってしまうので、剪定をしています。

13年前、東京の自宅の庭でトマトやキュウリを育てていたころは、剪定については知らなかったので、ジャングルになっていました。
ただ家庭菜園ではトマトは1メートルくらいにしか育たないので、まだ収穫しやすいのですが、農園ではミニトマトでも2メートル以上になるので、剪定をしないと手が届かなくなってしまいます。

次にピーマンの剪定をしました。
ピーマンのわき芽を取らないと、わき芽が伸びて地面についてしまいます。
そうするとピーマンが腐ってしまうので、わき芽を欠いています。

休憩中には、家内が作ってくれた麦茶を二人で飲みました。
会員のTさんが前橋の街が綺麗だと言っていました。
夜景もとても綺麗です。

Tさんのお陰で農園はとても綺麗になりました (^^♪
3日間ありがとうございました。

17:07
2021/06/15

カボチャの花が咲きました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210527落花生2

落花生が大きくなってきました。
後一ヶ月すると黄色い花を咲かせます。



  210527落花生





  210527第4ほうれん草

ほうれん草が発芽しました。
春のほうれん草も柔らかくて美味しいですよ。


  210527カボチャ

カボチャが順調に成長していて、5月に定植した時の20倍ほど大きくなりました。
黄色い花が綺麗です (^^♪



  210527カボチャ2

7月上旬には収穫が始まります。

女性が好きなものとして、昔から「芋、たこ、南瓜」と言われていますね。
芋はサツマイモかと思っていたら、昔の言葉なので里芋のことでした。
たこは蛸ですね。
南瓜はカボチャです。

大阪に住んでいた頃は、「いもたこなんきん」という居酒屋によく行きました。
メニューにも「いもたこなんきん」があり、里芋とたこ、カボチャが盛り合わせてありました。
東京では「いもたこなんきん」自体を知らない人も多いですね。

昨日は埼玉から日本弥栄の会の会員さんが農作業のお手伝いに来てくださいました。
先ずは「イチゴに挨拶しないと」、と言ってイチゴを採って食べていました (^^♪
それで元気になって草取りに集中していました。
小松菜の畝から始めて、山東菜、二十日大根、チンゲン菜の畝を4時間かけて綺麗にしてくれました!
すごいパワーです。

その後またイチゴを食べて、復活し、草取りをしてくれました。
本当にありがとうございます。 

17:01
2021/06/04

キャベツが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン




  210526ちゅんこ

スズメが一日に何度もやってきます。
痒かったのか体を震わせていました。
鳥のエサを与えたとろこ、気に入ったのか朝5時前から来ます。
家族で来るスズメたちもいます (^^♪





  210526キャベツ第7

3月に定植したキャベツが大きくなってきました。
葉が青虫に食われていますが、結球している部分はほとんど食われることはありません。
周りの葉は食われても、出荷には問題ありません。青虫もよく知ってますね (^^♪

青虫はモンシロチョウの幼虫で、キャベツに多く付きます。
小松菜や大根の葉にも付きます。

無農薬で栽培している農家は、農薬を使うことはありませんが、手で虫を駆除することはよくあるようです。
ひふみ
農園では虫を見つけてもそのままほっといています。


   210526めえちゃん

毎朝家内が犬の散歩をしています。
このところ天気が良いので、散歩も楽しいようです。
昨日はさわやかな風が心地よかったそうです。

今朝はどんよりと曇っています。
予報ではこの時間は雨になっていますが、今のところ降っていないので助かります。


11:29
2021/06/04

カボチャの花が咲きました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210527落花生2

落花生が大きくなってきました。
後一ヶ月すると黄色い花を咲かせます。



  210527落花生





  210527第4ほうれん草

ほうれん草が発芽しました。
春のほうれん草も柔らかくて美味しいですよ。


  210527カボチャ

カボチャが順調に成長していて、5月に定植した時の20倍ほど大きくなりました。
黄色い花が綺麗です (^^♪



  210527カボチャ2

7月上旬には収穫が始まります。

女性が好きなものとして、昔から「芋、たこ、南瓜」と言われていますね。
芋はサツマイモかと思っていたら、昔の言葉なので里芋のことでした。
たこは蛸ですね。
南瓜はカボチャです。

大阪に住んでいた頃は、「いもたこなんきん」という居酒屋によく行きました。
メニューにも「いもたこなんきん」があり、里芋とたこ、カボチャが盛り合わせてありました。
東京では「いもたこなんきん」自体を知らない人も多いですね。

昨日は埼玉から日本弥栄の会の会員さんが手伝いに来てくれました。

先ずは「イチゴに挨拶しないと」、と言ってイチゴを採って食べていました (^^♪
それで元気になったTさんは、草取りに集中していました。
小松菜の畝から始めて、山東菜、二十日大根、チンゲン菜の畝を4時間かけて綺麗にしてくれました!
すごいパワーです。

その後またイチゴを食べて、復活し、草取りをしてくれました。
ひふみ農園はボランティアの皆さんのご協力に支えられています。
いつもありがとうございます (^^♪
 

11:23
2021/06/04

ズッキーニが大きくなってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210601カボチャ

カボチャの花が咲いて、そのあとに小さな実ができてきました。
基本的に野菜は、花→実 になります。




  210601ズッキーニ

ズッキーニも実を付けました。
まだ8cmくらいですが、あと一週間で収穫できます。
ズッキーニとカボチャは同じ仲間なんです。




  210601トマト

ミニトマトのアイコが大きくなってきました。
これから赤くなるまでに2週間かかります。

丈はまだ70㎝くらいなのですが、8月には2mになります。
それ以上は手が届ないので、摘心といって芽を欠きます。

今日は一日曇りのようです。
曇りだと暑くないので、作業をするにはとても良い環境です。
今日はどんな発見があるか楽しみです (^^♪


11:20
2021/06/04

新ジャガを掘りました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210603ジャガイモ1

ジャガイモを試掘りしてみました。
普通は葉が黄色くなってきたら掘るのですが、まだ緑色なので早かったようです。
それでも直径7㎝ほどのジャガイモがゴロゴロ出てきました (^^♪



  210630ジャガイモ2

土が柔らかいので、手で掘れます。
ただ皮が薄いので、優しく扱わないとキズがついてしまいます。



  210603ジャガイモ3

ジャガイモ掘りは楽しいですね (^^♪
近所の保育園や幼稚園でもよくやっています。



  210603シチュー

さっそく新ジャガでシチューを作りました。
人参やカブ、チンゲン菜、玉ねぎ、キノコも入れました。
新じゃがは柔らかくて溶けるようですね (^^♪
大地の恵みを感じます。

4月に植えた種芋が2ヶ月で新しく生まれ変わりました。
この新ジャガがまた種芋になって、命を繋いでいきます。
1個から10個に増えるので、減ることはありません。
自然の仕組みはよくできていますね。


  210603チャーハン

チャーハンとシチューがよく合います。
冷凍の魚介パックは安いのに、エビやイカ、アサリが入っています。
料理一回分で150円くらいですね。

  210603サラダ

レタスとサニーレタスは見た目も新鮮で、とてもシャキシャキしています。
今が旬ですね。
真夏になると暑すぎて栽培できません。

今日は一日中雨ですね。
3メートルの南風も吹いています。
小さい台風のようです。
今のところ雨はほとんど降っていないので、野菜の出荷作業は大丈夫そうです。

今日も楽しくやりたいと思います。

11:16
2021/05/27

しおれたサニーレタスが復活しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン



  210525青空

昨日もよい天気でした。
赤城山に青空が映えます。
ひふみ農園は
標高200メートルの赤城山の斜面に位置しています。
畑の周りには家屋もあります。


  
  しなったサニーレタス210412

4月に定植したサニーレタスです。
暑さと強風でしおれてしまいました。
これは根付かないかなと思っていましたが、テラヘルツ35が転写されている「スーパー陽旬」の希釈液を何度が与えたところ、見事に復活しました!



  210525復活サニーレタス
  
これは昨日のサニーレタスです。
直径25㎝以上に成長しました。
明日から出荷の予定です。



   210525一番元気なジャガイモ

ジャガイモも元気に育っています。
高さが60㎝もあり、今までで最も大きく成長しました。

今日も楽しくやりたいと思います !(^^)!



14:20
2021/05/27

ゾーンに入りやすい草取り

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210523青空

昨日も晴れて良い天気でした。
関東は梅雨にはまだ入っていませんが、まるで梅雨の晴れ間のような天気です。

今年は梅雨入りが早く、東海地方までは梅雨入りしました。
例年ならこの時期は「風薫る五月」で、年間でもっとも良い天気が続く時期です。

今日も晴れて良い天気になりそうですね。


  210523枝豆

枝豆の本葉が大きくなってきました。
7月上旬に収穫の予定です。
そのころは暑いので、やはり枝豆とビールですね。

このところ雨が続いたため、雑草が一気に伸びてしまいました。
レタスやサニーレタスが埋もれてしまったので、草取りをすることにしました。
10日前まではレタスが見えていましたが、すっかり雑草に覆われてしまいました。
雨の時期は、10日で10㎝雑草が伸びます。

一列が30メートルあるので、まずはサニーレタスのほうから始めました。
2時間くらいで一列が終わりました。
自分としては1時間くらいしか時間が経っていない感覚でしたが、実際は2時間でした。

少し休んでから、レタスにとりかかりました。
こちらも2時間ほどで綺麗になりました (^^♪

ずっとしゃがんでの作業は疲れるので、通路をホーという農機具を使って草取りしました。
小さなクワのようなもので、立って作業ができるので、足腰は少しラクです。

最後はフリルレタスの列です。
10日で10㎝以上伸びた雑草なので、抜こうとすると柔らかくて折れてしまうことが多いです。
雑草も柔らかくて新鮮ですね。
「次に生まれてくるときは、野菜がいいね」と言いました。
雑草は抜かれ、野菜は大事にされます。真逆の待遇です。
そんなことを考えながら草取りは続きました。

ゾーンに入るので、時間の感覚が分からなくなります。


フリルレタスが終わるころには、腰が痛くなってきました。
7時半から草取りを始めて、全て終わったときには14:30でした。
7時間も除草していた感覚はありません。まだ昼くらいかな? という感じです。

達成感はあるのですが、疲れてしまい写真を撮るのを忘れました。

一日二食なので、毎日ぶっ続けで作業をします。
朝6時に朝食と摂り、午後6時に夕食を摂ります。

サラリーマンの頃は、残業や飲み会などで、深夜の帰宅も多かったですが、今は21時ころには床についています。
飲み会も楽しかったですが、今の方が自分には合っていますね。

今日も面白いことがあると思います。
楽しくやりたいと思います。



14:13
2021/05/27

うれしいお便りをいただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210522青空

昨日は久しぶりに晴れました。青空が綺麗ですね。
しっとりとした風が心地よいです。



  210522サツマイモ3

サツマイモを植えました。
これからグングンと成長し、10月後半から収穫となります。
サツマイモは根付くと勢いよく成長します。

学生時代に東京の杉並や世田谷で、石焼き芋の移動販売のアルバイトをやっていましたが、お客さんの90%以上が女性でした。
一日に4~5万円売れたので、いいアルバイトでした。



  210522サツマイモ2

雑草対策が大変なので、あらかじめマルチを張りました。


  210522イチゴ

5月後半ですが、イチゴがたくさん採れました (^^♪
無肥料なせいか、甘いのとすっぱいのといろいろあります。



  210522大根煮

春大根を煮付けました。
冬の大根とはやや違う食感と風味です。
春らしいさわやかな味と香りがします。

野菜セットを注文いただいたお客さんからお便りをいただきました。

『こんにちは!
今回も無事届いて毎日美味しくいただいています!
もうね、届いて箱を開けた瞬間、目に飛び込んできたのは元気いっぱいな葉物たち!
その鮮やかな緑といったら、目を覚ませ‼︎と喝を入れられた想いでした。
またもや、うわ〜‼︎ スゴイ〜‼︎ と叫びました。

春大根、柔らかくて冬大根とはまた違う美味しさ。春大根の美味しさ初めて知りました。
食事のたびにレタスいただいてはニコッ〜小松菜いただいてはニコッと。
美味しいものを食べると自然と笑顔になるのだということ今更ながら感じて…本当にありがとうございます‼︎
食事時間が楽しみ‼︎ なんかスゴイことですよね‼︎ ありがとうございました‼︎ 』


これほど野菜を気に入っていただけるのは、農家にとっては本当に幸せなことです (^^♪
もっと美味しい野菜を作りたいなと、こちらも気合が入りました。


  210522ラーメン

夕飯は玄米ラーメンにしました。
キャベツや玉ねぎ、人参、キノコも加えました。
「野菜のおかげ」も少し加えたので、インスタントとは思えない味です。
食べるときに、お好みでコショーとごま油を加えます。



  210522夕飯



14:03
2021/05/27

落花生が発芽しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210520落花生発芽3

落花生の発芽が始まりました。



  210520落花生発芽

芽が出てきたようです。
落花生は花が咲いて、そのツルが土の中にもぐっていき、実をつけます。
名前の通りなのですね (^^♪
ですから、落花生の実は畑から掘り出します。
不思議な豆ですね。


  210520ジャガイモの花

ジャガイモの花が咲きはじめました。
白と黄色の可愛い花です。
よく見ると蜂が来ていますね (^^♪
あと一ヶ月ほどで収穫になります。


14:01
2021/05/22

新発売 「無農薬味噌」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

今週より無農薬・無化学肥料で栽培した大豆などの原料で作った味噌を発売しました。

NPO法人日本ORP測定検証協会の大友理事長に唾液測定をしていただきました。
その結果、平均で-60という抗酸化傾向を示しました。
体を抗酸化することが証明されたため、還元検証状いただきました!

無農薬味噌の概要は以下になります。

絵文字:マル無農薬・無化学肥料「味噌」800g 1,620円(税込)

■ 商品概要

●無農薬・無化学肥料「一年もの味噌」 800g

●原材料:無農薬大豆、無農薬米、塩

●賞味期限:10ヶ月(開封前)

●保存方法:無添加のため、開封前も冷蔵庫で保存してください。

●販売者:株式会社アスリックス

     群馬県前橋市富士見町小暮2548-203

●原材料:
①無農薬JAS認証米 秋田県産ひとめぼれ
②無農薬秋田県産大豆リュウホウ
③赤穂の塩


■ 特徴


1)全ての原材料が農薬、化学肥料不使用栽培です。

2)Life-Rays(テラヘルツ35)の技術で作られています。

3)身体を抗酸化させます。

唾液測定によると、平均で-60という強い還元力が証明されました。「無農薬味噌」を食べると身体が還元されることが唾液測定により証明されました。食べると身体が還元方向へ変化する味噌です。


唾液測定 還元検証取得済み


<ORP唾液測定結果> 2021年3月


16:51
2021/05/22

10~20代の約半数、ほぼテレビ見ず「衝撃的データ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

<朝日新聞より転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



10~20代の約半数、ほぼテレビ見ず「衝撃的データ」




10代、20代の半数がほぼテレビを見ない――。NHK放送文化研究所が20日に発表した国民生活時間調査で「テレビ離れ」が加速している実態が浮かび上がった。

 この調査は日本人の生活実態を探ろうと、1960年から5年ごとに実施。今回は昨年10月に行った。全国10歳以上の7200人を無作為に抽出し、郵送によって、4247人から有効な回答を得た。

 テレビ視聴は、調査日にテレビを15分以上視聴した場合のみ「見た」として集計。平日に「見た」人は、10~15歳56%(前回2015年は78%、22ポイント減)▽16~19歳47%(同71%、24ポイント減)▽20代51%(同69%、18ポイント減)。いずれも5年で20ポイント前後減った。

 上の年代でも、30代63%(同75%、12ポイント減)▽40代68%(同81%、13ポイント減)▽50代83%(同90%、7ポイント減)と減少。60代は前回と同じ94%、70歳以上は95%で1ポイント減だった。

 全体でも85%から79%に下落している。

 若年層のテレビ視聴減少の背景要因として、主に夜間帯はインターネットの利用の活発化、朝の時間帯は男女を問わず化粧や身支度などの身の回りの用事が増えていることを挙げている。

 渡辺洋子研究員は「衝撃的なデータ。若年層にとってテレビは毎日見る『日常メディア』ではなくなってしまったために減少幅が大きくなった」とみている。

 21日には調査データをNHK放送文化研究所のホームページ(https://www.nhk.or.jp/bunken/)で公開する予定。(宮田裕介)

 
<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

若者がテレビを見なくなっているそうですが、年配の人もあまり見なくなってきています。
この調査の特徴は、一日に15分テレビを見ると、「テレビを見た」とカウントされているということです。
ですので、一日に1時間テレビを見る人は、相当少ないということですね。

私はニュースなどを一日30分ほど見るので、「テレビを見る人」に入ります。
ニュース以外はほとんど見ませんが、毎週火曜日の19時半からの「デカ盛りハンター」は見ています。
たまにテレビ東京で再放送される「孤独のグルメ」もよく見ます。

テレビ自体が悪いわけではないですが、見たい番組が全くありませんね。
よくもこんなにくだらない番組を制作するなと、いつも思います。

内容の無い番組を作るのであれば、映画や昔の番組を再放送したらよいと思います。

今はYouTubeでは無料で様々な動画を見ることができますし、netflixなど有料動画も多いですね。


今日も一日雨のようですね。

  210510イチゴ
イチゴがまだ採れます (^^♪ 




朝日新聞

16:37
2021/05/22

トウモロコシが発芽しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210518トウモロコシ第7発芽

昨日は前橋も午後から雨になりました。
中部や東海まで梅雨入りしましたが、関東はまだのようです。

トウモロコシが発芽しました。
これからグングン大きくなって、7月には収穫となります。


  210518フリルレタス活着第1

先日日本弥栄の会のTさんに移植していただいたリーフレタスが元気に成長しています !(^^)!
移植した時は、28℃という暑さのため、しおれてしまいましたが、Tさんのひふみ祝詞と「陽旬77」3000倍希釈液のおかげで復活しました!





  210518チャーハン

昨日の夕飯はチャーハンでした。
植物性の出汁「野菜のおかげ」でいい味に出来上がりました。



  210518スープ

小松菜、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、シメジの野菜スープは、野菜の出汁が出ていて、よい味ですね。




  210518レタスサラダ

今が旬のレタスとサニーレタス、水菜のサラダです。
オリーブオイルとカンタン酢、黒コショーにおろした玉ねぎを加えてドレッシングを作りました。


  210518夕飯

  
今日は雨は降らないようなので、農作業がはかどります。
この時期は一気に雑草が伸びるので、取りたいのですが、キュウリやナスの脇芽を欠くのが先になります。

今日も気楽にやりましょう。


16:29
2021/05/22

農業のセミナーを開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


  210515ズッキーニ発芽

先週種まきしたズッキーニが発芽しました !(^^)!
一般的には3粒くらい種を播くのですが、間引きをするのも気の毒なので、1粒しか播きません。
ズッキーニはキュウリに似ていますが、カボチャの仲間です。



  210515トマトの実

5月1日に定植したトマトに可愛い実がつきました (^^♪
あと3週間で収穫となります。



  210516サニーレタスの花

これはサニーレタスの花です。
小さな黄色い花ですね。
これから種ができます。

昨日は名古屋の糖尿病専門医の高橋先生からのご依頼で、農業の話しをさせていただきました。
20時から自宅でzoomを使って、無農薬栽培についてお話ししました。
イシキカイカク大学の方や日本弥栄の会の会員さんが参加されました。

コロナのお陰で自宅にいながらセミナーが開催できるようになりました。
名古屋まで行かなくてもいいので、とても便利です。
私が話した内容は、いつでも動画で見ることができます。

参加者は東京や名古屋、大阪、広島などからアクセスされていました。










16:22
2021/05/19

11年間循環している長ネギの芽が出てきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210515ジャガイモアイリンクス

3月28日に植え付けたジャガイモが大きくなってきました。
こちらは日本弥栄の会員さんではない方が植えました。



  210515ジャガイモ徳田さん

こちらは4月4日に日本弥栄の会の方に植え付けていただいたジャガイモです。
こちらの方が一週間遅く植えたのですが、大きくなっています。
ひふみ祝詞の影響かもしれません。


  210515長ネギ発芽

5月2日に日本弥栄の会の会員さんたちに移植していただいた長ネギから、小さな芽が出てきました。
2週間ほどで芽が出ます。
このようなVサインは珍しいですね (^^♪

古い長ネギを植えると、新しい芽が出てきて、また大きく成長します。
古いネギの根っ子は生きているので、そこから発芽します。
こうして11年間循環しています。

これを見た会員さんが、「生まれ変わりだね」と言いました。
長ネギやジャガイモが生まれ変わることができるのですから、人間も三次元にいても生まれ変わることができるのかもしれませんね。

先日より梅雨の走りに入りました。
こういう天気は、農家にとっては良い天気です。
風がないので作業がはかどりますし、寒くもなく暑くもないので、快適です (^^♪
今日は雨が降るまで作業をやりたいと思います。

 

19:32
12345