絵文字:マル 日本弥栄の会 会員様へ
 会員様専用ページから特別価格にて、ご購入できます。
 会員様専用ページへは、ログインが必要です。
 「ショップ玉響ニュース」上に、
ID・PWDを掲載します。

   絵文字:矢印 右 ログインはこちらから
 
 
 

絵文字:マル ひふみ農園
絵文字:鉛筆 農園の運営方針
完全無農薬!
安全で美味しい農産物を、より多くのご家庭にお届けします。

絵文字:鉛筆 農園事務所
群馬県前橋市富士見町小暮347-3

絵文字:鉛筆 農園所在地
群馬県前橋市嶺町105(他、6ヶ所)

絵文字:鉛筆 農園責任者
横堀幸一

絵文字:鉛筆 連絡先
TEL 027-288-0271
FAX 027-288-0272
E-mail support@123-akagi.com
 
トップページ > ひふみ農園について
 
 
ひふみ農園について
 
 ひふみ農園は2010年より無農薬・無化学肥料で野菜やお米を栽培しています。  
 無農薬・無化学肥料栽培ですので、市販のものより甘みがあって美味しいと評判です。
 ただ、自然のままに栽培していますので、曲がっているものも多く、形はあまりよくはありません。

 また、「ひふみ農法」とは「地球(てら)サイエンス技術」と「ひふみ祝詞(のりと)」を融合させた農法です。地球サイエンス資材のスーパー活緑とライフグリーンを使い栽培しています。ひふみ農園赤城の第1農園の四隅には、『完訳 日月神示』が防水防塵ボックスの中に置いてあり、イヤシロチ化されています。また、ソーラータイプの「ひふみ祝詞プレーヤー」が、24時間365日連続で演奏されています。

 ひふみ農園は、群馬県前橋市の赤城山ろくと、福島県田村市船引町、兵庫県篠山市藤岡奥の3ヶ所にあります。また、「ひふみ農園サークル」という日本弥栄の会会員により運営されている農園もあります。現在は、千葉県千葉市と長野県小諸市、群馬県太田市にありますが、他の地域でも計画されています。

 ひふみ農園では、野菜と草が共生していますので、ハコベなどの背の低い草は抜きません。また、虫も殺しませんし、別の場所に捨てたりもしませんので、てんとう虫やとんぼ、おけら、はさみむしなどの多くの虫がいます。農薬を撒かないせいか、雉(きじ)やひばり、鶯(うぐいす)などもほぼ毎日農園に遊びに来ます。赤城南面地域では、他にも無農薬・無化学肥料栽培の農家がいますので、他の地域に比べ汚染度が低いのかも知れません。

 尚、なるべくF1種ではない固定種の種を使って栽培しています。種は野口種苗社のものを主に使っていますが、出来るだけ自家採種をしています。
 また、ひふみ農園では基本的にひふみ農法で栽培していますが、木村秋則氏の自然栽培も参考にさせていただいています。自分たちだけの農法が絶対とは思わず、常に他の農法を研究し、自分たちの農法を省みて、良いところは積極的に取り入れていく方針です。

 今年から地球は寒冷化に向かっていると言われていますので、寒さや異常気象にも強い栽培方法を研究していきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。