絵文字:マル 日本弥栄の会 会員様へ
 会員様専用ページから特別価格(野菜セットのみ)にて、ご購入できます。
 会員様専用ページへは、ログインが必要です。
 「ショップ玉響ニュース」上に、
ID・PWDを掲載します。

   絵文字:矢印 右 ログインはこちらから
 
 
 

絵文字:マル ひふみ農園
絵文字:鉛筆 農園の運営方針
完全無農薬!
安全で美味しい農産物を、より多くのご家庭にお届けします。

絵文字:鉛筆 農園事務所
群馬県前橋市富士見町小暮2548-203

絵文字:鉛筆 農園所在地
群馬県前橋市嶺町105(他、6ヶ所)

絵文字:鉛筆 農園責任者
横堀幸一

絵文字:鉛筆 連絡先
TEL 027-288-0271
FAX 027-288-0272
E-mail support@123-akagi.com
 

 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/07/17

日月神示にある「松食せよ」とは

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン

  210706バラ

綺麗なバラが咲きました。

以前ご紹介した日月神示から見る現状について再度考察したいと思います。


・食物は科学的栄養のみに囚われてはならん。霊の栄養大切。自分と自分と和合せよと申してあるが、肉体の自分との和合出来たら、も一段奥の魂と和合せよ。さらにまた奥の自分と和合せよ。一番奥の自分は神であるぞ。(「月光の巻」第二十五帖)


・金が好きなら金を拝んでもよいのぢゃ。区別と順序さえ心得て居れば何様を拝んでもよいぞ。金を拝めば金が流れてくるぞ。金を拝み得ぬ意固地さが、そなたを貧しくしたのぢゃ。赤貧は自慢にならん。無神論も自慢にならん。清貧は負け惜しみ、清富になれよと申してあろうが。清富こそ弥栄(いやさか)の道、神の道(「月光の巻」第二十四帖)


・現状を足場として進まねばならん。現在のそなたの置かれていた環境は、そなたがつくり上げたものでないか。山の彼方に理想郷があるのではないぞ。そなたはそなたの足場から出発せねばならん。よしそれが地獄に見えようとも、現在においてはそれが出発点。それより他に道はないぞ。(「月光の巻」第二十六帖)


・祓いは結構であるが、厄祓いのみでは結構とはならんぞ。それはちょうど、悪を無くすれば善のみの地上天国が来ると思って、悪を無くすることに努力した結果が、今日の大混乱を来したのと同じであるぞ。よく考えてくだされよ。善と申すも悪と言うも、皆悉(ことごと)く大神の
肚の中であるぞ。大神が許し給えばこそ存在しているのであるぞ。この道理をよく会得せよ。
(「月光の巻」第二十七帖)


・訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。人々にもそのことを知らせて共に栄えてくれよ。この病を治すのは、今日までの教えでは治らん。病を殺してしもうて、病を無くしようとて病は無くならんぞ。病を浄化しなければならん。悪を殺すという教えや、やり方ではならんぞ。悪を抱き参らせて下されよ。(「月光の巻」第三十帖)


・足の裏を綺麗に掃除なされよ。外から見えん所が穢れているぞ。日本の国よ、そなたも同様、世界よ、そなたも同様ぞ。(「月光の巻」第三十一帖)


・行き詰まった時は大きく開ける時ぢゃ。ぢゃと申して人心で急ぐでないぞ。急ぐと道が見えなくなってくるぞ。(「月光の巻」第三十三帖)


・かみかかりはよしなされよ。そなたは学に囚われて御座るぞ。科学を越えて神の学に生きて下されよ。そなたは自分で自分の首を絞めるようなことをして御座るぞ。自分で勝手に小さい自分の神をつくっているぞ。一度その神を捨てなされ、固く抱きしめたり、閉じ込めているからわからんことに生き詰まるのぢゃ。(「月光の巻」第三十四帖)


・そなたは世の中が悪いとか人がよくないとか申しているが、すべては大神の肚の中にいて、一応大神が許しなされて居ればこそ存在し、生命しているのであるぞ。悪く映るのは心の鏡が曇っているからぞ。悪い世の中、悪い人と申すことは、神を悪く申し、神界が悪いのぢゃと申すのと同じであるぞ。新しき世界には新しくてんし、天下をこしらえねばならん。(「月光の巻」第五十帖)


・頭を下げて見なされ、流れて来るぞ。頭も下げず低くならんでいては流れては来ないぞ。神の恵みは淡々とした水のようなものぞ。そなたは頭が高いぞ。天狗ぞ。その鼻曲げて自分のにおいを嗅いで見るがよい。(「月光の巻」第五十四帖)


・そなたはなかなか立派な理屈を申すが、理屈も必要ではるが、沫(あわ)のごときもの、そなたの財産にはならんぞ。体験の財産は死んでからも役にたつ。(「月光の巻」第五十五帖)


・そなたはすぐに金にならねば食って行けない、金にならぬ仕事は出来ぬ、自分はよいが妻子が可哀想だから、などと申しているが、どんな仕事でも、その仕事に融け込まねば、その仕事になり切らねばならんのに、そなたは目の先の欲にとらわれ、欲になり切って、目の色を変えて御座るぞ。それでは仕事にならん。仕事は神が与えたり人が与えてくれるのではないぞ。自分自身が仕事にならねばならん。この道理さえわかれば、失業はないぞ。自分が仕事ぢゃからのう。


・そなたは形や口先ばかりでものを拝んでいるが、心と行いと口と三つ揃わねばならん。三つ揃うて拝むならば、どんなものでも与えられるのぢゃ。


・そなたの現在与えられている仕事が神業であるぞ。その仕事をよりよく、より浄化するよう行じねばならんぞ。そのたはそなたの心と口と行いが違うから、違うことが次から次へと折り重なるのぢゃ。


・理屈は悪と申してあろうが、理屈無い世に致すぞ。人に知られんように善いことつとめと申してあろうが。人の知れんようにする善いこと、神心ぞ。神のしたことになるのざぞ。(「夜明けの巻」第七帖)

 


特に以下の内容はコロナを指しているともとれます。

・訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。人々にもそのことを知らせて共に栄えてくれよ。この病を治すのは、今日までの教えでは治らん。病を殺してしもうて、病を無くしようとて病は無くならんぞ。病を浄化しなければならん。悪を殺すという教えや、やり方ではならんぞ。悪を抱き参らせて下されよ。(「月光の巻」第三十帖)



「訳のわからん虫わくぞ。訳のわからん病流行るぞと申してあるがそのことぞ。肉体の病ばかりでないぞ。心の病はげしくなっているから気つけてくれよ。」

「訳のわからん虫」とはコロナを指しているともいえますが、「心の病はげしくなってくる」とはコロナに対する恐怖心ではないかと思います。偏桃体しか働かず、冷静な判断ができなくなっている状態ではないかと感じました。

最近ではワクチンを打たない人への差別も出てきているようです。まさに心の病がはげしくなってきています。

日月神示には以下の文言もあります。
「松食せよ(まつおせよ)、松食せばわからん病治るのぢゃぞ」(「雨の巻」第十四帖)

いろいろと調べたところ、日本脳炎の治療などに松が使われていることを知りました。

「玉響」7月号のオカさんの記事には、松の成分である「スラミン」がコロナを解毒することができるとありました。
それだけでなく、ワクチンの害も阻害することができるとありました。

メッセンジャーRNAのワクチンを打つと、遺伝子に影響が出る可能性がありますが、松に含まれるスラミンが遺伝子への害を阻害してくれるとのことです。

様々な理由でワクチンを打たざるを得ない方は、松を食べるとよいと思います。

一年前から庭にある松を粉末にして飲んでいます。
「菜健」として販売も考えています。




16:52