絵文字:マル 日本弥栄の会 会員様へ
 会員様専用ページから特別価格(野菜セットのみ)にて、ご購入できます。
 会員様専用ページへは、ログインが必要です。
 「ショップ玉響ニュース」上に、
ID・PWDを掲載します。

   絵文字:矢印 右 ログインはこちらから
 
 
 

絵文字:マル ひふみ農園
絵文字:鉛筆 農園の運営方針
完全無農薬!
安全で美味しい農産物を、より多くのご家庭にお届けします。

絵文字:鉛筆 農園事務所
群馬県前橋市富士見町小暮2548-203

絵文字:鉛筆 農園所在地
群馬県前橋市嶺町105(他、6ヶ所)

絵文字:鉛筆 農園責任者
横堀幸一

絵文字:鉛筆 連絡先
TEL 027-288-0271
FAX 027-288-0272
E-mail support@123-akagi.com
 

 
スタッフブログ >> 記事詳細

2021/06/15

コロナ ワクチンに対する風潮

Tweet ThisSend to Facebook | by:ピーマン


<Newsポストセブンより転載>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「誰かに(ワクチンを)回してあげたい」、「66年間、一回もないんですよ。ここでワクチンを打つと、体が変わってしまうのでぼくは打たないつもり」──。ようやく新型コロナウイルスワクチンの接種が始まったばかりの日本で、ワクチンをめぐる有名人のコメントが波紋を広げている。冒頭の発言は明石家さんま(65才)によるもの。自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組での発言だった。

「新宿区では20~30代を優先的に開始」「職域接種は1000人以上の企業から」。ワクチンをめぐる状況は刻一刻と変化する。しかしそれは、あくまでも「打つ人」に限った話だ。この狂騒のなか、「打てない人」の声がかき消されている。大学病院に勤務する40代の看護師は、こう胸の内を明かす。

「個人の打つ・打たないの選択に批判が出るのはおかしいし、何より“打ちたくない人はいないはず”という風潮がつくられてしまうことが怖い。私が勤めている病院も同様で、接種時期や順番について説明があったときに、『副反応が怖いからという理由で、接種を拒否することは許されない』と遠回しに言われました。つまりこの病院にいる限り、選択肢は“打つ”一択ということ。

 ですが死亡例があったり、将来的にどんな異変が起きるかわからないことを考えると、接種はもう少し後にしたかったし、何より“打たない”と言えない雰囲気に耐えられなかった。3月いっぱいで退職して、ワクチンが回ってくる順番の遅い別の病院に移ることを決めました」

 同僚の看護師の中には、『やっぱりどうしても副反応が気になるからワクチンは受けない』と言って、離職した人もいます。ただでさえ忙しいのに、人が減って大変です」

 医師で医療経済ジャーナリストの森田洋之さんのもとにも、同様の相談が届いているという。

「ある20代の看護師は、ワクチンを打つか辞めるかの二択を迫られている状況でした。彼女は『将来どんな影響が出るかわからないから、もう少し打つのを待ちたい』と。彼女の不安はもっともですが、職場を失うリスクにさらされている。

 上長からの指示に従わざるを得ない若い人からの相談が圧倒的に多いです。クラスターを出したくない管理職と、コロナに罹患しても重症化しづらいが、ワクチンの副反応は出やすい若手との間に溝が生まれているようにも思えます」(森田さん)

 新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんも、ワクチンには懐疑的だ。自身は打たない決断をし、辞職する覚悟で、職場に意思を伝えたと明かす。

「私の場合は運よく経営者に理解があって、意思を受け入れてもらえました。でも医療現場では、同じようにはいかずに退職せざるを得なかったスタッフも珍しくない。特に若い人は免疫が活発であるため、ワクチンを打つことで発熱などの強い副反応が起こりやすい。あまりのつらさに『もう二度と受けたくない』という声も耳にします」(岡田さん)

<転載終わり>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病院などの医療機関ではワクチンを打つのが当たり前になっているようです。
ワクチンを打ちたくない人は、病院を辞めるしか選択肢がないそうです。

ワクチンは開発に5年から10年はかかると言われています。
体に異物を投入するのですから、どんな副作用が出るか分かりません。
そのため5年から10年をかけて臨床試験をするわけです。

サーズの場合は結局ワクチンを作ることができませんでした。
今でもサーズのワクチンはありません。

今回のコロナの場合は、緊急事態だということで、半年くらいしか臨床試験をしていないにもかかわらず、OKということになりました。
これから5年くらいかけて、ワクチンを打った人たちが人体実験をすることになります。

今回のコロナワクチンはmRNAワクチンという遺伝子組み換えで作られたものです。
このワクチンを打つと、将来的に自分の体のDNAが書き換わってしまう可能性があります。

DNAの書き換えの危険性については、長崎県の山内診療所の山内医師が明解に説明されていますので、関心のある方はお読みください。

■ 山内医師の説明(抜粋)

まずはじめに、私は新型コロナウイルスワクチンの接種に否定的な立場ではない。
むしろ早く感染流行が終わり普段の日常になることを願っている。
 
 新コロナウィルスワクチンは、mRNAという人工的に作ったウイルスの遺伝情報を接種して遺伝子を組み換え、人間の体内で抗原を作らせ、それに対して抗体を作らせます。 

 このような遺伝子を直接体内に注入する治療は、臨床研究として遺伝性疾患や末期がん患者さんに行われた事例はありますが、今回のように世界中の健康な人に投与する事例は人類史上初めてのことなのです。
  以前の記事に掲載しましたが、ファイザー、アストラゼネカなどの新型コロナウイルスワクチンは、短期的な効果としては凄まじく、予防効果に関しては、申し分ない結果でした。
 しかし、副作用については、まだまだわからないことが沢山あります。

 人工的に作成されたmRNAは、体内でDNAに組み込まれる可能性があるということです。これまで、mRNAは逆転写されることはなく、遺伝子には影響しないとされていました。しかし、一部は逆転写される可能性があるとの論文も発表されており、接種後、遺伝子の他の部位に影響を与える可能性を秘めています。その可能性がどんな形で現れるのか不明です。
 もしかすると組み換えられた遺伝子が発がんを誘発するかもしれない。実際に、エボラ出血熱のワクチンが同じ方法で作られ 接種を受けた数十人に白血病患者が発生し、そのワクチンは製造中止となっています。
 今回開発されているコロナワクチンのように、こんな短期間に開発された状況では、安全性は全く保障されていません。
 ですので、私のように40歳過ぎの男性は、接種後に副作用が生じても自分自身の問題として終わりますが、これから子供を作る可能性があり、将来を担う16~40歳の男女に、新型コロナウイルスワクチン接種をした方がいいのか?と聞かれたら、短期的には劇的な効果があるが、中長期的に安全とは言えないと伝えるでしょう。
 将来がある人達、その子供に安全であると言える日が来ることを祈るばかりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・山内医師の説明


コロナのワクチンは遺伝子組み換えで作られたものなので、打つと自分の体のDNAが書き換わってしまう可能性があるとのことです。
がんを誘発するかもしれないそうです。
DNAが書き換わってしまうということは、大げさに言えば別の生物になってしまうということですね。

この影響で、免疫系が弱くなってしまうと致命傷です。
風邪で死んでしまうかもしれませんね。


ワクチンを打つ自由もありますし、打たない自由もあります。
ただ、社会の風潮としては、ワクチンを打ちたくないと言うと、ヘンな人と言われます。

今回の騒動の結末は5年後に出ます。
ワクチンを打って、発熱するとかいうことではなく、5年後にどうなっているかということです。
世界的な人体実験は現在進行中です。
何も問題なかったということもあると思います。


今日は晴れて気持ちがいいですね (^^♪


  210502応援隊1


  210613応援隊2



  210612本間さん



  210612杉浦さん佐藤さん



・Newsポストセブン



 

17:48